SOFT TENNIS(ソフトテニス)

ネクシーガ70シリーズから90シリーズへの持ち替え時期は?

2017/11/13

スポンサーリンク



ネクシーガ70の新色がでるから中上級向けから上級向けへの持ち替えタイミングについて考えてみる。

ネクシーガ70の新色が発表され、遅ればせながらネクシーガ70レビュー記事を書きました。

こちらですね。

【レビュー記事】ネクシーガ70シリーズを今更ながらレビュー!【ボリューム記事】

このレビュー記事、ボリュームがスゴイので読むのにそこそこお時間をいただくかもしれません。

けどとりあえず読んでいただけると結構うれしいです。笑

 

さて、本記事では、一番使用されるボリュームの多いネクシーガ70(中上級向け)から90(上級向け)への持ち替えタイミングについて少し考えてみます。

※今回はあくまでもネクシーガについて記事を書きますが、他のシリーズでも中上級向け→上級向けの持ち替えタイミングと読み替えていただいてもよいかと思います。詳しくはシリーズ毎に店頭でご相談をさせていただくのがベストですが。

 

当店的結論としては、不満がなければひたすら70、打球感に物足りなさを感じたら90への持ち替えタイミング

かな、と。

 

まず、ネクシーガ70は、中学生の3本目から社会人の方まで、一番幅広くお勧めできる鉄板ラケットとなります。

悪い意味ではなく、いい意味で、「無難」なラケットです。

調子が悪いときでも扱うことができ、フレーム自体のパワーアシストも適度にあります。

じゃあ90っていらないの?

っていうと、決してそういうことではありません。

 

例えば中高生の男子で自身のプレーに力強さがでてくると、「70シリーズの柔らかさ」と「その方のプレーの強度」がアンマッチしてきます。

そのタイミングがいつなのか、はもちろん個人差があるかと思いますので明言はできませんが、70シリーズを使っていて球を持ちすぎていい球がでない、だったり、打ち応えがない、なんていう悩みが出だしたら90シリーズへの持ち替えを検討してもよいと思います。

もちろんまずはガットの種類とかテンションを見直すのですが、ガットのたわみフレームのしなりはまた別物になりますので、ハイテンションで張ることが必ずしも正解とは言えません。

何種類かガットを試してみて、しっくりこない場合は持ち替え時期

そういう風に考えていただいてよいのかな、と思います。

 

店頭では結構90シリーズの購入時には「フレームの難しさ」についてお話します。

そのくらい70→90って違う印象。

ボールも飛ばなくなるので体の負担も大きくなります。

失敗してほしくないから注意深く話をし、時には試打もしてもらい、最終決定をお客様へ委ねます。

 

カスタムフィットができる今、重さも5g単位で刻むことができるため、70でも本当にたくさんの顔を見せてくれます。

結局何が正解なのか、、、。

我々もなかなか答えにたどりつけません。

そもそも答えがあるかもわかりません。

それが面白いのですが…。

一緒にいろいろと悩みましょう。

ではでは。

The following two tabs change content below.
tatsumisports 起己スポーツ
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)