SOFT TENNIS(ソフトテニス)

5gで振り感は意外と変わる。

2022/01/06

スポンサーリンク



続・クレナイな話。

初売りは今日まで!

4日からはお仕事や部活始め(いきなり大会!という学生さんも結構多かったです)で、3日のようにずーっと忙しい、ということはないのですが、

その分、ゆっくりとお話しをさせていただけます。
(あ、EZONEの試打のガット張りもできました!)

で、初売りが終われば、なんだかんだですぐ3連休ですので、そちらもぜひご利用くださいね。

 

クレナイをお求めの学生さん(高校生の方)。

ラケット遍歴を辿っていくと、F-LASER 7S→VOLTRAGE 7Sに、という流れがありました。

その方は中学生の時からULをずっと使っていましたが、F-LASER→VOLTRAGEになる際に3g平均で重量が落ちています。

今回のケースでは、個体差を検索してみると、おおよそ5gの差が生じていました。

「実際、どっちの方が振りやすい?」

お聞きしてみました。

240gの方が良かったというケースと235gの方が全然振りやすいというケースは、人によって結構バラバラだと思うのです。

 

軽いから自分からどんどん振っていける。
重いからラケットの重みをしっかり使える。

 

今回のように“基準重量も変わるシリーズ遷移時期”は、どちらの重量がよりプレーに合っているか、でもラケット選びをする必要が出てきます。

実際ジオブレイクが登場した時も、ネクシーガからですと、打感も軽くなって、重量も軽くなって・・・

これは振りにくい。。。
逆にめちゃ調子いい!振りやすくなった!

いろいろなケースがありました。

よりカスタムフィットが重要になったわけです。
(というより・・・カスタムフィットは235g/240g、と5g刻みなのに、既製品の平均値が238gというのがややこしかったのかもしれませんね?)

 

プレシジョンスキャンを導入したことでバランスポイントも見るようになりましたが、ヘッドヘビー・ヘッドライトのように5mmずれている個体はかなり少ないことが改めてわかったので、

好きな振り感が決まっている方は、バランスも含めて調整されると尚よし、だと思います。

 

クレナイは、おかげさまで既製品の在庫がかなり薄くなりました。
(既製品はSが人気で、カスタムフィットでは圧倒的にVです。)

フォロー発注はしていますが、まだ納期が出ていませんので、上記のようにご自身の好きなスペックが定まっている方は、ぜひカスタムフィットも視野に入れていただければと思います。

 

人気機種がでてくると、重量やバランスについても改めて考えることができるので、お店としても私個人としても有意義です。

今日はこんなところで。

 

コロナ感染者数がまた増えてきました。

自衛しつつ、スポーツを楽しみましょう!

 

では。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)