TENNIS(硬式テニス)

TOUR 98 入荷しています。

2022/11/27

スポンサーリンク



カラーはポップですが、スペックはハードな感じ。アンバランス感が面白いです。

プリンスさんから、ツアー98が登場です。

前作にはなかったスペックですが、店頭に並べていて、黄金スペック(100inch^2×300g)に次いで人気のツアースペック(98inch^2×305g)ですので、開発されるべくして開発されたのかな、と思います。

同時期に発売しているツアー95はやっぱりちょっとハードだけど、100はパワフル過ぎる。

そんな方にお勧めできる1本かと思います。

 

ボックス由来のホールド感と、素材の良さからくる飛び、素直なグロメット形状による自然な回転。

ツアーシリーズの特性はこんな風に書き表せるのかな、と思います。

100からどんな感じに変わったのかな?と見比べてみると、単純にフェイスをちっちゃくしたわけではないことがわかります。

 

まずはフェイスのサイズ感から見てみます。

100のちょうど真上に98を重ねてみると、ほんの少しですが、フェイスの頬の部分(5/7時)が薄いかな?ということがわかります。

同じくらい?と思って、横に立ててみると、ちゃんとフェイスの違いがでました。

写真で見てみると、割とちゃんと違いましたね。

で、この横置きの写真でわかるのは、フレーム形状。

ちょっとラウンド成分の入っている100と比較すると、98はボックスの味付けが強そうだな、ということがわかります。

ビームの設計が、100はトップから22mm-23mm-20mmなのに対し、98は23.5mm-23.5mm-21mmでちょっと厚め。

仕事が細かい。
正面厚は98の方がやや薄いので、ビームの厚みを上げたのかな?と予想しています。
絶妙ですね。

あとは、

シャフト部の設計が結構違います。

イチョウ部分の長さは98の方が長いんですよね。

フェイスが小さくなった分だけシャフトが長くなったのかな?と思っていたのですが、グリップバンドの装着されている位置も結構違ったので、細かい仕事してるなぁ、と驚きました。

 

スペックは割と荒れていますので…

是非ご選択いただければと思います。

結構ハードなものはSW290オーバーですが、280そこそこのものもありました。

プリンスさんは、グリップが割とスリムな印象なので、G3もちょろっと仕入れてみています。

 

ということで、TOUR 98。

入荷しています。

是非店頭でお手にとってみてくださいね。

では。

The following two tabs change content below.
Avatar photo
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-TENNIS(硬式テニス)