SOFT TENNIS(ソフトテニス) TENNIS(硬式テニス)

テックパワーとテックハイパー。テックガットとテックガットプロ。

2021/06/10

スポンサーリンク



メタルフィルム有り無しはお好みで。

船水選手との契約でここ最近また注目を浴びているテックパワー。

MSフォースには申し訳ありませんが、注目度からすると断然テックパワーのクリアブラック。もう張りました。

テックパワーについては何度も書いていますので、是非過去記事を検索してみて下さい。

 

テックパワーが注目されると、テックハイパーもちょっと注目されます。

どんな風に違うんだ、と。

 

テックパワーは

素 材
高弾性特殊ナイロンマルチフィラメント
特殊コンポジット糸

となっているのに対し、テックハイパーは

素 材
高弾性特殊ナイロンマルチフィラメント
ハイブリッド高性能樹脂
特殊コンポジット糸
特殊フィルム

となっています。

 

基本的にはテックパワー対比で、テンションキープ率を上げるためにメタルフィルムを巻いている、と。
※それ以外が同じかどうかについては明記されていませんでした。

こちらに発売時の資料がありました。

テックパワーの弱点は、たしかにテンションが低下するのが早いことです。

それを補ったのがハイパー。

ただ、打感も変わってしまうと思います。

お聞きすることの多いのは、ハイパーの方が柔らかくパワーの方が弾くフィーリング、という感想です。

メタルフィルムを巻き付けているガットは、巻き付けていないガットよりもホールドが上がるのは特性的にあるのかもしれません。

硬式のテックガットとテックガットプロも同じような関係性ですが、テックガットよりも少し掴みが欲しい方にはプロをお勧めさせていただくと、
イイ感じ、という感想をいただくことが多いですので、テックパワーとハイパー/テックガットとプロは似たような関係性ですね。

 

耐久性はテックパワーもハイパーもどちらもあまりないと思うのですが、伸びない分ハイパーはノッチングができやすいような印象を持っています。
(軽く試打をした際に、パワーよりもハイパーの方が消耗が早かった印象です。)

テックパワーも早い方だと2、3日で切ってしまいますが…

 

弾くマルチって、あるようでなかなかありません。
(テックパワーの打感って、なかなかに絶妙です。耐久性が悪いことを加味しても人気なのは頷けます。)

ブラストは?

というと、テックパワーよりも掴む印象。

ただ、体感的にはブラストの方が耐久性は"やや"あります。

 

ガットは試してナンボ、ですので、気になる方は是非お試しください。
(ちょうど、JRSAのストリングモニター企画もやっています。)

 

季節的には、夏にモノフィラメントを使っている方で、冬、ボールが飛ばないから、攻撃的なマルチはない?となるとテックパワーをお勧めさせていただくことが多いので、

夏、ガンガン長時間打つのには、切れること/テンションダウンが早いことを覚悟しておかないといけないかもしれませんが…

 

ということでテックパワーとハイパー。

メタルでつながる両者の関係性について軽く。

 

では。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス), TENNIS(硬式テニス)