TABLE TENNIS(卓球)

卓球はこれからどうなるのだろう。卓球メーカーさんといろいろとお話を。

2018/11/10

スポンサーリンク



年末に向けて、来春に向けて、いろいろとお話をさせていただきました。

…先日Tリーグが開幕し、盛り上がっている(?)卓球業界。

そんな中、昨日、あるメーカーさんが来訪されて、いろいろとお話をさせていただきました。

 

年末の話を少しと、来年の春に向けて、戦略を練り練り。。

表面下で動いていかないと、と思っています。

オフレコの話をいろいろと聞きすぎて、ぽろりしないように気を付けないと…

応援したくなるメーカーさんです。(実際、めっちゃ応援しています。)

 

…話題はTリーグ。

当店の担当をいただいている方は実は東京勤務。

というより、最近転勤したようです。

Tリーグの開幕戦も観戦してこられたようで、現場の様子をお聞きしました。

Jリーグやプロ野球をはじめ、いくつかある日本のプロリーグ。

Tリーグもそこに名を連ねていかないといけないのでしょうが、開幕戦は正直・・・だったようです。

"卓球を魅せる"って、難しいんだなぁと再確認。

その点、先日伊藤美誠選手が中国選手を3人連続で破っての優勝はインパクトが大きかったですよね。

現状、どちらかというと、結果優先で報道されることが多い業界ですので、まずはそこから、

「日本人が世界でガンガン活躍しているよ」

でもいいのかもしれないですね。

 

卓球業界って、市場規模は実はかなり小さい。

世界規模で考えても、そのくらい!?というようなレベルです。

その中でも日本のメーカーはレベルが高く、世界でもある程度のシェアがあります。

 

2012年、2016年と、オリンピックで二つ大きな波が来て、いい流れできつつある卓球。

2020年とそれからは、さて、どうなるのでしょう。

我々はまずはもちろんご来店いただくお客様、ネットを通じてご来店いただくお客様を大切にしつつ、業界の隅の方から様子を見ていこうと思います。

 

今後が楽しみでありつつ、その反面、実は薄い氷の上を歩いているのではないか、という危うさも併せ持つ日本国内の卓球事情。

いろいろと考えさせられる1日でした。

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-TABLE TENNIS(卓球)