BADMINTON(バドミントン) SOFT TENNIS(ソフトテニス) TENNIS(硬式テニス)

ガットの耐久性は"切れない"という部分だけではありません。

2020/09/01

スポンサーリンク



リマインダー的にはなってしまいますが…

ありがたいことに、先月は非常にガットの張り替えのご依頼が多く、たくさんお張りさせていただきました。
(8月だけで区切ると過去最高です。)

 

そんな中、ガットが切れてしまったんだけど、耐久性の良いガットありますか?というご相談をいただきました。

よくよくお話をお聞きしていくと、前回張り上げしていたのが半年ほど前(今年のお正月)。

コロナ自粛期間中、プレーが出来なかったことを差し引いても、なんとも言えない、表現が難しい期間です。

 

そもそも、ガットが切れない、という部分においては、毎日のようにプレーされていて、1か月以上切れなければ十分なレベルではないか?と思います。

週末プレーヤーの方ですと、2、3か月切れなれば十分でしょうか。

(例えば、1週間適度で切れてしまう、等のお悩みがあれば、物性的に耐久性が高いガットに変えた上で、ラケットの本数も増やさなければいけないかと思います。)

 

それ以上の期間になってくると、今度はテンションキープが正直かなり厳しくなってくるかと思いますので、切れていなくても張り替えをしていただくのが良いかと思います。

硬式テニスのポリで1か月以内、それ以外で2か月に1回程度がおすすめの張り替え目安となります。

少し前ですと、四季に合わせて3か月に1回、が口癖でしたが、ここ最近は異常気象でガットへのダメージも大きくなっているように感じるのです。

このあたりは、ご自身のプレーとの相談で、不具合が出てきたタイミングで、早め早めの対処がおすすめです。

 

ソフトテニス、硬式テニス、バドミントン、どの競技もガット張り替えが大切だよ、ということはかなり認知されてきたように思いますが、

切れなければずーっと使えるんだよね?という方がまだまだ多いのも事実です。

 

悲しいかな…張り上げた瞬間から、徐々にガットは緩んでいきます。(本来の意味合いのガット…硬式テニスのナチュラルガットはテンションキープ率は良いですね。)

使えば緩みは早いですが、極論、使わなくてもガットは緩んでいきます。

 

耐久性は二つの意味があるよ、ということ。

プレーができる日々が戻ってくると共に、リマインダーとして頭の片隅に置いておいていただければうれしいな?と思います。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-BADMINTON(バドミントン), SOFT TENNIS(ソフトテニス), TENNIS(硬式テニス)