OTHER INFO(それ以外の情報)

ランニング・レーシングシューズがたくさん入荷したのでプロネーションの話を少し。

スポンサーリンク



さすがのasics

・・・当店ウェブショップへはこちらから。

asicsからランニングシューズとレーシングシューズがいろいろと入荷したので、せっかくだからプロネーションについて書いてみようと思ってネットサーフィンをしていたら、アシックスのサイトで説明が完結してしまっていました。

さすがのアシックス。。。

引用させていただくと

プロネーションとは、着地したときの衝撃を分散するために足底を内方向に回転する、人体の自然な動きです。自分のプロネーションのタイプを理解すれば、自分に合ったランニングシューズを見つけることができます。

・オーバープロネーションの方は、サポートタイプのクッショニング採用のシューズを探す必要があります。

・ニュートラルプロネーションの方は、さまざまなシューズから選ぶことができます。

・アンダープロネーション(サピネーション)の方は、強い着地衝撃を防ぐために多めの緩衝材が必要です。

このようになります。※サピネーションは回外とも言い換えることができると思います。

 

一つ一つ見ていくと、

 

まずはオーバープロネーション。

これが一番多いんじゃないのかな?と思います。

通常のプロネーション動作においては土踏まずを使って衝撃吸収を行いますが、内側に倒れすぎてしまう場合は過回内となってしまい、局部的に負担がかかってしまいます。

倒れすぎを防止するためにシャンクのついたゲルカヤノやGT-2000のようなシューズがそれ対応のシューズとなります。

 

次には、

その逆、アンダープロネーション。

「土踏まずを使って衝撃を吸収するプロネーションの動作」ができない場合を指すことが多いようです。

足裏の衝撃吸収機能が使えないために、地面からの衝撃を受けやすい。よって、よりクッション性に優れたシューズがそれ対応となってきます。

例えばニンバスですね。

ランニングシューズもアシックス。今回の新在庫は「ニンバス」です。

関連記事はこちらから。

歩幅プラスプロネーションで選択ができるアシックスはさすがというしかありません。

プロネーションテストはアシックスの直営店の3Dフットマッピングでできるようですね。

 

あとは、ニュートラルプロネーション。

理想的なプロネーションだよ、ということですね。

シューズはタイプを知ってもらえばなんでもどうぞ!ということでしょう。

 

ちなみに、アシックスのランニングシューズには、このようなマップもあります。

すごく選びやすい。

ただ、販売即数が多いシューズはカヤノ、GT-2000とオーバープロネーションに偏っているところをみると、その傾向がわかってきますね。

履き心地、実際に履いて走った時の安定性や反発性、走ったあとの足の状態は?と、本当はいろいろと試してみていただくのが良いと思います。

感覚的な部分も大切ですので、理論に固執してしまうのもよくありません。ただ、理論的にはこうだよ、とご理解いただければ嬉しいです。

 

テニス部の方だって、走る時にはこだわりも持ったシューズ選びを。

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-OTHER INFO(それ以外の情報)