SOFT TENNIS(ソフトテニス) TENNIS(硬式テニス)

しばしば起こるパッケージ問題。

2020/12/13

スポンサーリンク



中身は同じ、表現は違う。

店頭でこんなお話がありました。

「こっち(左)のポリツアープロは赤いパッケージでハードって書いていて、こっち(右)のポリツアープロは黒いパッケージでソフトって書いていますが、ソフトの方のポリツアープロってありますか?」

と。

中身は同じですが、見た目が違うと混乱を招きますよね。

赤いパッケージは従来のパッケージで、黒いパッケージは新パッケージになります。

当店は全て国内の正規流通品を仕入れていますが、メーカーから仕入れる場合と、問屋さんから仕入れる場合とがあります。
荷物の関係とか...お付き合いとか…色々な理由があります。
ですので、このような感じで混在してしまう場合があるわけです。
(ちなみに、ポリツアープロ120のブルーはメーカーからとってもまだ前のパッケージでしたので、まだまだ全数切り替わってはいません。)

 

何が変わったか、というと、表現方法。

従来のものは、全体としてポリツアープロがどこに位置しているか、という指標。

ナイロンマルチもモノも、もちろんポリも同じラインで話がされていました。

一番硬いポリツアースピンG以外、ほどんどが【HARD】になっていました。

ポリツアーエアもプロもファイアもストライクも同じHARD。

いや…おかしい...となったわけですよね。

 

新パッケージでは、ポリの中で話がされています。

ただ、ややこしいのが、ヨネックスの在庫がなくなり次第、順次切り替わっていく、ということなので、赤いパッケージと黒いパッケージが混在しているだけではなく、

ポリツアープロ以外のポリはもともと黒いパッケージなので、表現方法の部分だけが切り替わっていっています。

ポリツアーエアはHARD、ポリツアースピンがFIRM。

どちらも硬いという意味があるし、場所も

□■□□□

この黒いところ。

同じです。

 

かなり混乱を招きますので、店頭でスタッフにお声がけください。

とりあえず、柔らかいのはエア。その上でプロがいるかな、と思います。

プロから硬さとスピン性能を向上させたのがスピン。

プロから弾き感をプラスしたのがファイア、ファイアから硬さとスピンをプラスしたのがスピンG。

レブは、表記上はFIRMになっていますが、ガットがよく動くのであまり硬く感じない。

結局硬さだけで表現すると、プロと同じような位置にいるように思います。

 

(あくまでもイメージでは)こんな感じではあるのですが、パッケージだけみるとまぁわけわからなくなります。

 

ヨネックスさんに限らず、しばしばパッケージ問題は起こります。

(ただヨネックスさんはパッケージを切り替えすぎではあると思いますが…)

商品名が同じだと中身が変わることはそうそうないと思います。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス), TENNIS(硬式テニス)