BADMINTON(バドミントン) SOFT TENNIS(ソフトテニス) TENNIS(硬式テニス)

乾燥がひどい。。。真冬はオーバーグリップの種類を考えてみていただいてもよいかも?

2022/01/19

スポンサーリンク



種類が多すぎるのでどれが良いのやら、ムズカシイですが・・・

ソフトグリップの種類が多すぎてどれがいいのやらわからない問題。。。

年末から、ずっとガットの張り替えのお客様が多い(ありがとうございます!)のですが、一緒にオーバーグリップのご相談をいただくことが多いです。

12月からちらほらと「ほかの種類、何かないかな?」というご相談はありましたが、真冬で乾燥がひどいためか、ここ最近いろいろなパターンでのご相談がございます。

 

・もう少し柔らかく握れるタイプはない?
・ウェット感がより強いものはない?
・ウェット感が長続きするものはない?
etc...

 

私もそうなのですが、乾燥肌の方からすると、この季節はちょっとしんどいものがあります。

グリップが血まみれ!なんで?
気が付けばアカギレしていた・・・

なんてこともザラです。

 

グリップの種類と手の相性は人それぞれですので、これが正解、ということは申し上げることができないのですが、冬によく売れるグリップをご紹介することはできますので、人気どころを参考にしていただければと思います。

 

まずは、冬の超定番、モイスト。

この時期、ホントで良く売れます!

握り心地が柔らかく、気持ちよく握れるのが人気の理由ではなかろうかと予想しています。

ただ、耐久性が低いので、巻き替え頻度は高めになってしまいますが…

 

ウェットスーパーソフトグリップという、肉厚タイプ(0.8mm)のグリップもよく売れています。

柔らかく握りこめるのが人気の理由かな?と思います。

キモニーさんからさらに分厚いグリップ(1mm!)も販売されていますが、分厚すぎると丸くなってしまいますので、分厚さとプレーの質のバランスは確認されながら、がおすすめです。

こちらです。
ちなみに、キモニーさんのグリップは当店では在庫していませんが、一つ一つのクオリティは高いと思います。

 

ミズノさんのガチグリシリーズも、ウェット感はかなり強いと思います。

ガチの定番の方ですと少し薄いので、もしかしたら硬さを感じてしまうかもしれません。

そのような場合はガチの耐久タイプか、ハニカムエンボスをお試しいただければと思います。

 

ちなみに、バリアグリップも悪くないんじゃないかなぁ?と思っていますが、当店ではまだ定着していません。

リピートの方が増えてきて初めて定着したといえるので、こちらも今一度チェックのほどを!

 

ということで、ウェット感強めのものをいくつか紹介させていただきました。

 

あと1か月~2か月で厳しい時期を乗り越えられるんじゃないかなぁ?と思っていますので、あと少し辛抱ですね!

 

では。

The following two tabs change content below.
Avatar photo
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-BADMINTON(バドミントン), SOFT TENNIS(ソフトテニス), TENNIS(硬式テニス)