REVIEWS(レビュー記事) SOFT TENNIS(ソフトテニス)

【色・デザインでラケットを選ばないために】ネクシーガ50/70/90比較 V編【NEXIGA】

2017/10/10

スポンサーリンク



ネクシーガ-NEXIGA- 50/70/90 V編

色・デザインでラケットを選ばないために!

知っておいていただきたい、自分でも調べることのできる

50:中級向け

70:中上級向け

90:上級向け

モデルの違いとは!

書くよ!

初回は前衛向けV編!

この情報ってどこで手に入るの?

ということですが、春に発売されるヨネックスカタログのスペックチャートに載っています。

スペックチャートって結構便利です。

【注意点】
※1 (尚、導入文はS・Gも同様。)
※2 (以下比較はネクシーガ50/70/90Vのデータに基づくためシリーズによって規格は異なります。)
※3 (ブログでの用具相談はお受けしておりません。コメント内容は精査した上、返信しない場合もございます。)

フェイス面積【inch2

まずは、ラケットフェイス面積。

50:90inch2

70:90inch2

90:90inch2

本シリーズに関しては同じです。

(一般的な話として)フェイス面積が小さいほどボールが飛びにくくなり、スイートスポットが小さくなります。

全長【mm】

次に全長。

50:690mm

70:685mm

90:680mm

5mmずつ短くなっていきます。

全長は長いほど…操作性が悪い反面、ラケットの長さを使うストローク/サーブなどの動作はしやすくなります。(ラケットの長さにより大きな遠心力を生め、ボールに力を伝えやすくなります。)

最近は全長の短い後衛向けラケットも発売されたり、全長の長い前衛向けラケットがあったり、とプレーの用途に合わせて選択肢も増えていますが、基本的には、上級向けになるにつれ、全長が短くなることが多いです。より前衛でのプレー特化、というイメージでよいかと思います。

バランスポイント【mm】

その次に静的バランス。(スイングウェイトは平均値がありません。あくまでも止まっているラケットのバランス位置のこと)

50:(UXL)280mm/(UL)275mm

70:(UL)275mm/(SL)270mm

90:(UL)275mm/(SL)270mm

重さによってバランスポイントが異なります。

(一般的に)全体重量が重たくなるにつれてバランスはより先が軽くなります。基本的に操作性は全長が短い方が高くなります。

当店的には、70シリーズのバランスが王道だと思っています。あと5mmヘッドライトでもいいですけど…

搭載テクノロジー

搭載テクノロジーは?というと、シリーズ通して同じです。

素材

大きな違いは、ここ、素材。

50シリーズではバイブスレイヤーカーボンが使用されていますが、70/90シリーズは未使用。

逆に、70/90シリーズで使用されるゴムメタルは50シリーズでは未使用です。

素材によって、打球感が変わるということかと思います。

まとめ(じゃあこのデータをどうやって使う?)

じゃあ結局このデータはどうみたらいいのか?ということですが、

 

例えば

今50シリーズを使用していて70シリーズに持ち替えたいな、と思っているときに上記5項目(特に上3つが中心ですが)を見ることで、持ったときのイメージがしやすくなります。

全長が短く、バランスポイントも先が軽くなるから持ったら軽く感じるかな?とか、素材が変わって打球感はどれくらいハードになるのかな?とか。

 

あとは、

違うメーカーのラケットや違うシリーズのラケットを使用していて、ランクは上げずに横移動したいときに、フェイス面積、全長、バランスポイントが同じモデルを探したり。(異なる場合はカスタムフィットで対応できる限りは対応する。)

 

みたいに。

ここまで調べてもらっていて、実際に店頭で

「こんな感じかと思うんだけど、実際どう変わりますか?」

って聞いていただくとすごくスムーズ!(そこまでしてきてね、って意味ではありません…笑)

 

ひとまずV編でした。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-REVIEWS(レビュー記事), SOFT TENNIS(ソフトテニス)