BADMINTON(バドミントン)

NEW FIERCEがくる!4/15発売予定です。

2022/04/04

スポンサーリンク



wilsonの顔となるシリーズですね。

ウイルソンさんからフィアースシリーズの新製品情報が届きました。

フィアースシリーズは、松友選手が広告塔を務めるコントロール性に優れたシリーズで、女性を中心に毎バージョン人気になっています。

当店も、今までの人気どころの後継機種を中心に、いくつか在庫させていただきます。

簡単に、今までの流れをおさらいしてみます。
(以下、今作の9700/9700J、また、それに該当する旧モデルについて書かせていただきます。)

前作のCV搭載モデル(2019年2月発売)は、2017年に発売されたモデルよりも全体的にスイングウェイトが低く、ややイーブン寄りのバランス設計だった個体が多かった(それでも十分ヘッドヘビー)です。
※スイングウェイトの値については、当店入荷個体について、当店で計測した値です。

2017年までのモデルの、5Uにしてはかなり先が重い設計は、ほかのメーカーを探してもなかなか見つからず、変えの効かない1本になっていました。

相対的にバランスが軽くなってしまったCV搭載モデルは、後からヨネックスさんのバランサーテープを貼り付け、微調整される方が多かったように思います。
(もしくは、単純にCVを搭載したことで、使用感がガラッと変わり、馴染むまでに時間を要したケースもあると思います。)

どのように旧作と使い比べていくのか、色々とご相談をいただいたことを覚えています。

 

そのため、個人的には、今作は実際の個体のバランスがどうなっているのかが一つの注目ポイントになります。
(設計値ではなく、実測値が気になっています。)

 

今作がどう変わったのか?

展示会に行っておらず(というより、今までのような展示会の形式はありません・・・)説明もしっかりと聞けていないのですが、、、
公式サイトを参照にしつつ、顔になる9700のスペックを比較をしてみようと思います。

 

まず、前作の素材は
カウンターヴェイル + バサルト・ファイバー+カロファイト・ブラック+東レ製 炭素繊維カーボン

今作は、というと
テイジン製テナックス高弾性カーボンフィラメント+ バサルト・ファイバー+カロファイト・ブラック+東レ製 炭素繊維カーボン

当時、画期的といわれた素材、カウンターヴェイルが非搭載になり、その分、テイジン性のカーボンフィラメントが採用されています。
高弾性とあるように、弾き感やパワー感が上がっているのでしょうか。

 

重量バランスは、77g±/315mm→78g±/310mm

今まで、フィアースのバランスポイントは315mmであることが多かったのですが、5mmヘッドライト側に寄ったことで、どのような使用感になるのか、また、実際のスペックはどうなるのか。

特に気になるところです。

 

モールドは、、、製品を実際見てみないとわからないので楽しみにしつつ、あとは実際のデザインが気になります。

 

ここまで長々と書いてきたものの、わからないことだらけですので、実際に商品が届いてから、いろいろとさらに勉強をしつつ、店頭でご案内できればと思っています。

 

中途半端になりましたが、新フィアース。

お楽しみにお待ちください。

 

では。

The following two tabs change content below.
Avatar photo
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-BADMINTON(バドミントン)