BADMINTON(バドミントン) SOFT TENNIS(ソフトテニス) TENNIS(硬式テニス)

価格が上がったからこそより大切に着用していただきたい、と思います。

2022/07/05

スポンサーリンク



ちょっとの心掛けで変わる部分もあります。

今月1日から、ヨネックスさんのテニスシューズの大部分が価格改定となりました。
(10%程度の値上げでしょうか。)
※その他、ダンロップさんのテニスボール、テク二ファイバーさんのラケット・ストリング・ボールなど、諸々も。

何度も何度も書かせていただいているように、ヨネックスさんに限らず、今後、価格改定(値上げ)はどんどん多くなると思います。
(絶賛展示会シーズンではありますが、発注の際にも、本当にその価格で納品がされるのか?半信半疑な自分がいます。)

こればかりは仕方のない部分にはなるのですが、同じ商品が高額になったからといって、耐久性が上がるわけではありません。

同じように使用するともちろん同じようにへたっていきますし、雑に扱うと買い替え時期も早くなると思います。

 

せっかくお買い物をしていただくのだから、そのモノの寿命をしっかりと使い切っていただきたいと思っています。
(お店としては、どんどん買い替えていただくのは嬉しいことなのかもしれないのですが、気持ち的に悲しくなるので、口すっぱく、何度も書いてしまうのです。)

 

シューズだったら、まず大前提として、毎回紐を緩めてから脱ぐ、履いたら踵をしっかりと合わせ下から順に編み上げていく。

その際、シューズの踵を絶対に踏まないこと。

また、練習が終わったからといって、紐を緩めてカポカポさせて歩くのではなく、緩めたいのであれば、少し緩めて、蝶々結びはしっかりとしていただきたいと思います。

シューズの型をできるだけ長期間保っていただきたいのと、シューズの役割を理解していただき、足に負担をかける(しかもシューズもへやりやすくなると思います)ようなカポカポ履きはやめていただきたいと思っています。

 

加えて書かせていただくと、紐の適切な締め具合はこんな感じ。
諸説あるとは思いますが、何事もやりすぎNG派です。
(一応…以前、シューフィッターの資格も取らせていただきました。)

シューズの中で指を曲げた(甲が上がった)状態をつくり、そのまましっかりと紐を編み上げていき、最後、蝶々結びをする前の時点で、指をまっすぐに戻します。
最後にしっかりと蝶々結びをしていただければOK。

足は上下運動を繰り返すものですので、紐の締めすぎはNGです。
逆に緩すぎるのもNGですので、紐が指でつまめるくらいがベストだと思います。

 

お節介で申し訳ありませんが、今一度、いろいろと見直していただきたいな、と願っています。

 

今日はこんなところで。

暑くなると思いますが、頑張っていきましょう!

 

では。

The following two tabs change content below.
Avatar photo
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-BADMINTON(バドミントン), SOFT TENNIS(ソフトテニス), TENNIS(硬式テニス)