TENNIS(硬式テニス)

NEW ELEVATE、来年1月デビューです。

2022/12/27

スポンサーリンク



ガラッとイメージが変わります。

本年より、取り扱いがグローブライドさんになったダイアデムブランド。

最新技術搭載の第一弾とでも表現すれば良いかな?と思うのですが、エレベートシリーズがV3となり、リニューアルされます。

フレーム設計自体は大きく変わらず、新たにクライボンが搭載され、振動特性を最適化。

クライボンは振動吸収性に優れた素材として、他社ラケットにも搭載されていますね。

 

一番大きな変更点は、カラーがティールではなくなったことだと思います。

ダイアデム社としても大きな決断であった、と伺っていますが、ソルスティスと合わせると、カラーリング自体はかなり綺麗でしたので、これはこれでアリかな?と。

どんな雰囲気の塗装か、というと、柔らか系と言えば良いのか。

現行のプロスタッフやブイコア系統の塗装の雰囲気と言えば伝わりやすいのか…

そんな感じです。

前作のマット系とはちょっと毛色が違い、フレーム自体の設計は変わっていませんが、割と新鮮な感じでした。

 

フレーム設計の部分なのですが、ノーマルエレベートとツアーは、基本スペックは前作をそのまま踏襲していましたが、ライトのバランスポイントが335mmとガッツリトップ寄りになっていましたので、ここは大きな変更点になるかと思います。

前作は290g×330mm。

これで十分だったように思うのですが、軽量スペックにもパンチを、ということで、さらに攻めたスペックとなっています。

 

プリンスブランドのように平均スイングウェイトは明かされていませんので、入荷してきてから計測するしかないのですが、ノーマルエレベートとライトとの力関係は要チェックだと思っています。

 

ラケットカラーについては賛否両論ありそうなのですが、実物を拝見する限りではしっかりとまとまっており、悪くないと思いました。

3年間慣れ親しんだティールカラーとお別れするのは少し寂しい気もするのですが、2023年はこの顔がダイアデムの主役となると思いますので、是非今のうちにお見知りおきを。

 

ということで、ニューエレベート。

1月の激戦区に仲間入りです。

 

では。

The following two tabs change content below.
Avatar photo
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-TENNIS(硬式テニス)