SOFT TENNIS(ソフトテニス)

涼しくなってきてボールの飛びが気になってきたら、マルチデビューもご一考を。

2019/10/19

スポンサーリンク



しっかりとした打球感のモノと、柔らかい打球感のマルチと。

上記写真、特に学生さんに人気のある、しっかりとした打球感が特徴のモノフィラメントと

上記写真、柔らかさが魅力のマルチフィラメント。

 

ここ最近ずっと話題のガムゾーンは

コーティング層が普通よりも分厚い、モノフィラメントです。

モノフィラメントなのに球持ちがすごいのが今までにないところ。

 

何回も書いている話題なのですが、何回も書くことが大切だと思っています。

モノフィラメントは太い芯が1本通っているので、ある程度しっかりとした打ち応えが魅力です。

もちろん太さとか芯の硬さとか、製造メーカーとか、色々な要因で柔らかめ(例えばMSフォース)と硬め(例えばミクロパワー)に分かれてきます。

ただ、柔らかめであっても、芯のないマルチフィラメントと比較すると、打球感は硬めになります。

 

マルチフィラメントは、1000本とか、細い糸をよってできているガットになります。

芯が通っていないため、モノフィラメントと比較して柔らかめの打球感が魅力となります。
(細い方が打球感は硬く、太くなるにつれ、打球感は柔らかくなります。)

また、力がなくてもボールを飛ばしやすく、これからのボールが飛ばない時期にはぴったりのガットになってきます。

 

毎日のようにプレーをされる学生さんにおいては、ガットの種類を変える必要はないかもしれませんが
(テンションだけは下げてくださいね)

週末プレーヤーの方は、ボールの飛びに悩まれることもしばしば。

 

ガットの種類を見てみて、もしモノフィラメントを使用しているのであれば、(打球感は硬くなりますが)反発力を高めるのであればガットの太さを細く、

打球感を柔らかくしつつ、柔らかな飛びを実現するのであればマルチフィラメントを。

それぞれお考えいただければと思います。

 

年齢を重ねると共に

ロマンを追い求めてハードなセッティングにするもよしですが、

道具に頼って楽をされるのもまた一つ。

趣味で身体を壊してしまうと元も子もないので。。。

 

ということで、この時期には絶対に話題にするガットの種類について。

お見知りおきを。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)