BADMINTON(バドミントン) SOFT TENNIS(ソフトテニス) TENNIS(硬式テニス)

本日、明日、とJRSA総会のため、店頭でのガット張りが一人体制となります。

スポンサーリンク



少しでも多くのものを得られるように、勉強してまいります。

タイトルにある通り、本日、明日、と所属させていただいておりますJRSA(日本ラケットストリンガーズ協会)の総会のため、店頭でのガット張りが一人体制となります。

 

日本ラケットストリンガーズ協会とは?

Japan Racket Stringers Association

日本ラケットストリンガーズ協会は1992年設立。
ラケットにストリングを張る職に従事するストリンガーと呼ばれる会員約120名とメーカー賛助会員13社からなる団体(2017/7/1現在)。
ストリングセミナー、技術研究会等の開催を通じ、ストリンガーの技術向上を図るとともに、ストリンガーの社会的地位向上とラケットスポーツ界の発展に寄与することを目的としています。

上記、JRSAのサイトから引用させていただきました。

・・・

ただガットを張る、ということは、実は簡単に見えて、奥が非常に深い作業です。

私も長年ガットを張らせていただいていますが、日々発見の連続です。色々と試行錯誤しながら、日々勉強しています。

全国各地には、そんなストリンガーの方がたくさんいらっしゃって、JRSAはそんなストリンガーの集まりになります。非常にマニアックです。

 

恥ずかしながら、総会は初参加。メーカーの方もたくさんいらっしゃるようで、色々なことが勉強できそう、と楽しみにしています。

 

ここで、JRSAが掲げる良い張り上がりの8つのポイントをおさらい。

「良い張り上がり」8つのポイント
『日本ラケットストリンガーズ協会』では、良い張り上がりの8つのポイントを掲げ、すべての会員がこれを遵守して張ることを推奨している。
それぞれを見ると「ごく当たり前のこと」と軽視されそうだが、それぞれに深い意味合いがあり、緻密な心配りと技術、いろんな状況に対応するための知識が必要となる。

1.フレームに変形がない。

2.ストリング1本ごとのテンションに、バラツキがない。

​3.指定のストリングパターンを守る。

​4.ストリングとフレームに傷を付けない。

​5.適正なノットがなされている。

​6.目飛ばしやクロスオーバーがない。

​​7.同一条件のもとで、同じ張り上げができる。

​​8.クロスストリングは揃えながら張り上げていく。

 

これを少しでも完璧にできるように日々腕を磨いています。

・・・

実りのある2日間にしてこようと思います。

 

店頭及びウェブショップにてご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-BADMINTON(バドミントン), SOFT TENNIS(ソフトテニス), TENNIS(硬式テニス)