TENNIS(硬式テニス)

ラケットの選び方はいろいろあってイイですね。

2022/05/04

スポンサーリンク



楽しみたい!勝ち負けだけがテニスじゃない。

連休を利用されていろいろな方がラケット選びにお店に足を運んでくれています。

そんな中、サークルでテニスを始めます、という方も多くなっています。
(大学生の方ですね!)

思えば、GWがいつも通り(もちろん制限はありますが・・・)送れるのって、実に3年ぶりだと思います。

大学生活、存分に楽しんでほしいな!と思います。
来年には、マスクもなしだったら尚良いですね。あとちょっとなのかなぁ?

 

で、サークルでテニスをするとなると、楽しみたい!という気持ちも強いはず。

面のサイズや重量、グリップサイズなど、気をつけないといけない部分は確認をさせていただきつつ、ジャケ買いもアリですよね!とお伝えさせていただいています。
(もちろん、体を壊してしまうと元も子もありませんので、どうかな・・・というものは止めた方がいいかも、とお伝えしています。
また、サークルでも、結構ガチでやるところもあるようで、しっかりと特徴を吟味し、選ばれる方ももちろんいらっしゃいます。)

 

お話をお聞きしていると、皆さん、結構好みの色をしっかりとお持ちで、青!赤!ピンク(←今はなかなかないんですよね・・・)!と

結構サクッと決まっていきます。

あとはフェイスサイズ、重量、ストリングの種類やテンションを相談させていただき、サークルライフのスタートをサポートさせていただいています。

 

で、私自身、性能を考えず、今選ぶとしたら何がいいかな?と店内を見回してみましたが、この2つがいいな!と思いました。

ピュアドラチームのウィンブルドンデザインと、ファントムF1!
(ファントムF1はおすすめしないと思いますが、、、)

一周回って、ツヤ有り塗装がきれいな、と思っています。

重さもフェイスサイズも、フレーム断面形状もストリングパターンも、何もかも違う二つですが、、、笑

 

サークルからテニスライフをスタートされて、気がつけばのめり込んでいって、ラケットやストリングについて非常に造詣が深くなった方もいらっしゃるはず。

メーカーさんの中にも、サークル出身の方もいらっしゃると思います。

 

まずは楽しむところから。どっぷりハマったら、性能や特徴を吟味し、買い増ししていただければな、と思います。

 

今年の春は、色々は"スタート"を応援することができ、嬉しい限りです。

 

今日も1日良い日になりますように。

では。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-TENNIS(硬式テニス)