REVIEWS(レビュー記事) SOFT TENNIS(ソフトテニス)

試打会ではジオブレイクにガムゾーンもご用意しています。ガムゾーン、かなり流行りそうです。

2019/08/14

スポンサーリンク



ミクロパワーユーザーがどこまで移行するのか、はさておいて。

ジオブレイク(70V)にもガムゾーンを張って、試しています。

20日に開催させていただく試打会でもジオブレイク×ガムゾーンの組み合わせをご用意いたしますので、ご参加の方はぜひ打ってみていただきたいと思います。

 

現状、色々と打ってみて感覚的にこんな感じ、という感想は下記。
※あくまでも一つの参考にしていただきたい、というのはいつものことながら、せっかく消耗品なのだから、発売したらまずは試していただきたいな、とも思っています。

箇条書きで書いていきますね。

・肝心のコーティングはどうなのか?
柔らかく、弾力性があるように感じます。ミクロパワーよりも明らかに柔らかい感じを受けます。ガットを張っていて、表層は剥がれることもあります。接触抵抗がかなり高いので仕方ない部分ではありますが。
※表層・・・最表面の薄膜のようなものです。

・目ずれはするのか?
→することはしますが、コーティングがかなりねばいので、がちっと縦横をホールドしてくれます。ですので、かなり少ない部類に入ってきそうです。

・打感は?
→ジオブレイクに30で張ってみたところ、思っていたより硬めでした。あれ?割と硬い、と。ボールが面に乗る感覚もありつつ、しっかりとモノフィラメントの硬さと反発性能を残しているような印象です。

・球質は?
→しっかりと回転がかかりますが、反発性能もあるので、ミクロパワーを少しパワーダウンさせて安定感をプラスしたようなイメージ。

・どんな方に打ってみていただきたい?
→従来のミクロパワーユーザーがどのような感想をもたれるのか、がまず気になるところ。柔らかさがプラスとなるのかどうなのか。好き嫌いが分かれる可能性があります。
そのほかは、というと、気になる方はとりあえず使ってみていただきたいです。個人的には、ようやくMSフォースとミクロパワーの間にハマるガットが出てくれたので、ステップアップガットとしておすすめしていけそうな予感があります。ある程度低めのテンションで張ってあげると柔らかさが出てくれそうな気がしていますので。(まだ未検証)

 

ミクロパワーとはまた違うガットなので、キャッチコピーのミクロパワーを超えろ!が、出荷数ベースなのであれば、これは達成されそうな予感すらあるガットで、とりあえず使ってみていただければと思います。
ミクロパワーユーザーがこぞって移行するかどうかはなんともいえません。性質が同じようで違うと考えていますので。

 

がっつりと在庫発注しておりますが、商品の特性上、予約はまだ受付しておりませんので悪しからず。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-REVIEWS(レビュー記事), SOFT TENNIS(ソフトテニス)