TENNIS(硬式テニス)

「勝つ」ために、追求したのはインパクト時の「感覚」!G-TOUR 3!!

2017/07/02

スポンサーリンク



GOSENから本格派ポリ、G-TOURシリーズの第二弾は...G-TOUR 3!!

GOSENさんから魅力的なPVが完成していたので、是非見てみてください。

硬式テニスガットにおけるゴーセンの位置づけは、、、というと、一般ユーザーさんに広く使用されるミクロスーパーやウミシマAK PRO、また、柔らかめのポリとして人気のあるエッグパワーやウミシマ構造をもったポリエステル、ポリブレイク。

一般ユーザーさんに向けては数多くの魅力的な製品はあったものの、「本格的なハードヒッター向けポリがない」、そうゴーセン担当も悩むくらい、ツアー選手向けポリエステルガットが無かったのが昨年の話。

満を持して昨年発売したG-TOUR 1。

業界での注目度もかなりあり、発売してからハードヒッターのファンを獲得しています。

(当店でもちらほら指名張りをいただきます。正直、硬式テニスガットは当店においてはBabolaT、YONEXが人気です。)

ですが、中にはG-TOUR 1では力が足りない(ボールをつぶせない)、といういうことで、柔らかめのポリに移行するユーザーさんがいらっしゃったのも事実(ゴーセンさんの内見会での説明)。(これは(G-TOUR 1における)絶対的な張り数がかなり少ない当店でもあったことです。)

ということで、G-TOUR 1の雰囲気を残しつつ、飛びと柔らかさを高次元で実現したのが、細ゲージで発売のG-TOUR 3。

1.23mmと1.18mm、と今の主流となっている1.25mmからさらに細くなったゲージ。

耐久性は大丈夫なの?

と思わず聞いてしまったのですが、他社で柔らかめのポリエステルガット、としてかなり人気の1.25mmゲージの商品と比べて耐久性がしっかりとでているそうです。

また、ボールもしっかりと食いつき、回転性能も良さそうです。

ゴーセンが満を持して発売する細めの反発性能良好な本格派ポリエステル「G-TOUR 3」。

当店も初回発注をしましたので、7月末、8月にそれぞれのゲージが店頭に並び間ます。

ゴーセンファンのみならず、一度お試しいただきたい製品です。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-TENNIS(硬式テニス)