REVIEWS(レビュー記事) SOFT TENNIS(ソフトテニス)

いよいよ全貌公開!【F SPEED】ちょっと詳しく書いてみました。

スポンサーリンク



SCUD/DIOSを継承しつつ、新モデルへ。

ミズノさんのソフトテニスラケットとしては、久しぶりの新シリーズが始動となります。
11月発売・・・F SPEED V-PRO/F SPEED S-PRO
12月発売・・・F SPEED V-01/F SPEED S-01

詳細はこちらのサイトから。

あ、当店でも予約は開始しています。01シリーズは11/1予約開始です。

 

各モデルは公式サイトにてご確認をいただければと思いますが、テクノロジー面について少しコメントを入れつつみていきたいな、と思っています。
※PRO→ハイエンドモデル、01→ミドルレンジモデル。
今回はSCUD/DIOSのように01/10と番号を変えず、統一されています。
※F SPEEDは硬式テニスラケットにも同名のモノがありますが、硬式テニスのモデルに当てはめると、F TOURシリーズになるんじゃないかと思います。
もうひとつ書き加えると(必要ありませんが、書きたい)硬式テニスラケットでは、"D"シリーズがなかなか良いと思っています。

 

前置きが長くなってしまいましが、まずは、共通テクノロジーから。

ミズノさんのティアドロップ=弾きのフレーム、というイメージはみなさん持たれているだろうと思います。

F SPEEDシリーズは、スピード系・弾き系のシリーズとなります。

シャフト形状についても明記されていますが、よくよく読んでいただくとSCUD/DIOSのCタイプと比較されています。
(Cタイプは継続となります。)

従来のDIOSシリーズの商品ページにもわかりやすく記載がありましたので確認いただければと思いますが、今までの

Rタイプ・・・エアロックスLシャフト
Cタイプ・・・エアロックスSHARPシャフト

のRタイプのシャフト形状を踏襲しているイメージになると思います。

しなりを重視するシャフト形状ですが、DIOS -Rのイメージですと、シャープなしなり、という印象でした。
しっかりとした硬さの中にあるしなり。

その感覚を新シリーズも踏襲しているのか、どのように変化しているのか、まずは楽しみなポイントですね。

 

続いて、V・・・前衛向けのシリーズの説明ですね。

インナーラインヘッドは今まで通り。

今回は、素材の変更が新しいところ。

”一撃のスピード”がコンセプトとあって、素材から見直したのはこれまた楽しみなポイント。

弾きや打球音が良くなった、ということですが、打球感が硬くなり過ぎなければ良いなぁ、と個人的に思っています。

 

最後に、S・・・後衛向けモデルの説明。

バランスについて書かれていますが、従来通りの後衛向けモデルに多いバランスになると思います。
※Uサイズで290mm平均ですね。

こちらも楽しみなのは、Tenax BMという新カーボン素材。

やはりこちらも弾きを重視した素材とのことです。

VとSで素材を使い分けるこだわりも感じます。

 

と、こんなところですね。

発売まで、あと1ヶ月くらい。

試打もしていきつつ、徐々に噛み砕いていきたい、と思っています。

 

ということで、F SPEEDシリーズ。

お楽しみに!

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-REVIEWS(レビュー記事), SOFT TENNIS(ソフトテニス)