SOFT TENNIS(ソフトテニス) TENNIS(硬式テニス)

【トップ選手も着用のハイエンドモデル】ウェーブエクシードツアー3OCが入荷しました。

2017/12/03

スポンサーリンク



軽さと安定を両立。ツアーシリーズが入荷!

※最近勝手にハマっていますが、上記から直接当店WEB SHOPの買い物かごに商品が入ります。

ちょっと使い勝手はよくありませんので、サイトから直接ご覧いただく方がよいかとは思いますが…。

 

さて、ウェーブエクシードツアー 3OCが入荷しました。

エクシードツアーというシリーズ自体今まで在庫していませんでしたが、アッパーの柔らかさとがっしり感(止まるときの安定)のバランスが良く、軽量モデルよりも明らかに安定感に富むため、在庫を開始しました。

 

最近では、硬式テニスのプロ選手に認知されつつあり、若手のホープ、綿貫陽介選手も契約。

最近の写真ではエクシートツアー2を着用している姿が多かったと思います。

 

このエクシードツアー…他のメーカーではどのシューズが対抗馬かな、ということなのですが、アシックスの場合ツアー選手によく着用されるシューズが2種類あり、ストローカーにはレゾリューション前後のダッシュ効率を考えるのであればソリューションスピードです。

ヨネックスにおいては、おそらくフュージョンレブ

エクリプションも同じような素材を使用していますが、どちらかといえばインテンスツアーにぶつかっているような気がします。

いずれにしても、税込で15000円を超える高額シューズ帯の中の、軽量性はほどほどに、がっしりさせて安定感を+しよう、というコンセプトのシューズたちになるかと思います。

 

当店では、硬式テニスにおいてはアシックスが人気、ソフトテニスにおいてはヨネックスが人気です。そしてソフトテニスでもアシックスシューズが徐々に増えています。

…ミズノがいまいち人気ありません。

実際全く在庫していなかった時期もありました。

 

…が!

ここ最近、ミズノシューズの質が向上してきているような印象を受けます。

そろそろ在庫再開の時期かな、と受注会でピンときたシューズに限り在庫を再開しています。

 

ただただ軽いからいい、という認識もそのうち変わってくるのかな、なんて思ってもいますが、やはり人気は軽量シューズ。

まずは練習用から、ちょっと重めのがっしり系シューズをお試しください。

 

【シューズフィッティング】座位と立位の足のサイズの違いについて正しく理解する。

The following two tabs change content below.
tatsumisports 起己スポーツ
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス), TENNIS(硬式テニス)