BADMINTON(バドミントン)

バドミントンのアジア人気がスゴイ。当店英語でもある程度はオッケーです。ある程度は。

2017/11/27

スポンサーリンク



インド出身のお客様の話。日本語と英語でお話を。

最近当店付近に、アジア出身の方を中心に海外出身の方が増えています。

近くに工場がたくさんあるため、工学系のお仕事に従事されている方ばかりですが。

学生さん以上に、社会人の方のバドミントンが盛んで、インドやベトナム、中国のご出身の方がそこに混じってプレーをされています。

 

ラケットやガットの話をさせていただくとき、

 

日本語で

「このラケットは先が軽くって、柔らかめ」

というよりも、

英語で

「Head Heavy/Head Light」や「Stiff/Soft」

と特徴を伝える方がわかりやすく、日本語と英語をまぜこぜしながらお話させていただきます。

 

中には日本語を全く話されない方もいらっしゃるので。

 

一応、お話をさせていただくうえでの英語は大丈夫ですので、もし海外の方でラケットスポーツをされたい、というお知り合いがいらっしゃいましたら、是非当店をご紹介ください。

 

海外送品は基本的には受け付けておりませんので悪しからず。

 

そして、海外ご出身の方が口をそろえておっしゃられるのが、たとえ日本製でなくても、日本で商品を買いたい、ということ。

海外の模造品のレベルは本当に高く、例えばバドミントンラケットですと、シャフトを切断しないと違いがわからない、なんてこともあるようです。

商品を模造する技術はすごいけれど、「値段が高くても確実に本物、オリジナルのもの」を使いたい、という声がすごく多いです。

 

普段意識しない部分ですが、ヨネックスのラケットのこの印字。

日本に向けて製造された、という意味のJPという印字が本当に大切なようです。

 

日本に生まれてよかった、とまではいきませんが、日本の製造技術は世界に誇れるスゴイ技術なんだ、と改めて思わされます。

The following two tabs change content below.
tatsumisports 起己スポーツ
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-BADMINTON(バドミントン)