SOFT TENNIS(ソフトテニス)

エッジガード、ざくっとプラス3gくらいのイメージで。

2020/03/17

スポンサーリンク



擦り傷防止としては必要ではありますが、色々な見方をしてみると。

エッジガード。

つい先日、ラケットが最近軽い感じになったので、"おもり"でもつけようかな?と相談に。

ラケットを見てみると、エッジガードが貼り付けられていなかったので、ひとまず、エッジガードを試してみますか?と提案を。

種類や色によって微妙に違うのだろうと思うのですが、ヨネックスさんのものは大体3gくらい。

これを貼ると、全体としてはヘッドヘビーの方向に寄ります。

ざくっと3g分。(ミズノさんのはもうちょっと薄いので軽いはずですが、薄すぎて綺麗に貼れないので在庫をやめようと思っています。綺麗に貼れるスキルがあったら在庫するんですが、ちょっと厳しいです。)

ざくっと、と記載をさせていただいたのは、トップに局所加重ではないため、です。重量的にはそのくらいあります。

 

頭が極端に重くなるわけではないのですが、エッジガードを貼って、仕上がりであまり重くないものがよい、という方は、ヘッドライトバランスでカスタムされたり、バランスが軽めのものを選ばれたり、と工夫をされます。

 

5mmヘッドライトで作ったフレームにエッジガードをプラスすると、おおよそノーマルバランスに、ノーマルバランスにエッジガードをプラスするとおおよそヘッドヘビーバランスに、

それぞれ変化します。

あくまでも、「おおよそ」です。5mm一気に変わるわけではありません。

エッジガードを貼るためにヘッドライトカスタムもあり、か。【擦り傷対策】

(一応、姉妹ブログでは2記事書かせていただいているので、参考程度に。)

 

ソフトテニスラケットはバンパーがないので、よくコートと擦れる箇所は塗装が薄くなってきて、最終的にはカーボンが見えて、そこから折れてしまったりもしますので、

例えば中学生で、ボール拾いにもラケットをガリガリと使ってしまう場合には、擦り傷対策でエッジガードを貼っておいてね、とお伝えしています。

 

ここまで書くと、スイングウェイトはどのくらい変わるの?というお声もあるとは思うのですが、モノによって変わるので、書かないでおこうと思います。

すごく昔の記事にちらっと登場させたことがあるので、気になる方は探してみてください。

 

そして、あくまでも・・・「使用感こそが大切」です。

当店はラケットを販売させていただく上で、サービスのひとつとして計測を行っておりますが、これ(計測値)が全てではありません。

その点、誤解なきよう・・・

お願いをいたします。

 

細かな相談は是非店頭で。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)