BADMINTON(バドミントン)

MAXテンション35ってまじか!? デュオラ 8XPが発表となりました。

スポンサーリンク



ヨネックスの本気は35ポンド対応ラケット。デュオラ8XP

ヨネックスの新製品を連日つぶやいていこうと思っています。

今回の新製品はいろいろと説明するべきことが多いので…。

・・・

バドミントンラケットで第一弾に持ってきたのは、アストロクス88S/88Dではなく、デュオラ8XP。(明日はアストロクス88S/88Dについて書きます。)

まず、XP...Xtra Performanceの略です。

 

このラケットの何がスゴイか…

ズバリ!

最大"適正"テンションが35ポンド、という点。

今まで、ヨネックスが発売していたラケットの適正テンションは、マックスでも29ポンドでした。

 

…なのですが、近年、他メーカーがこぞってハイテンション対応ラケットを発売しています。

単純に…適正テンション以上での張り上げは可能なのですが、適正テンションを上回っているという時点でフレームはそのテンションでの使用について保証できません、といっていると同義になります。

 

ですが、このフレームは、あえてヨネックスが適正と謳わなかった、30ポンド越えを軽々してやろう、というフレーム。

 

ですので、番手的には"8"になりますが、メーカーさんの話によると、デュオラ10よりも硬い、という…。

高い剛性がないとハイテンションには対応できないため、ハイテンション対応=フェイスには高い剛性がある、ということが確定します。

※ゴーセンのインフェルノもマックス30ポンド越え。フェイス剛性は高いです。

そして、番手的にも上級向けとなりますので、それ相応にシャフトのフレックスも硬め

硬め×硬め、そしてハイテンションまで対応、ということでデュオラ10を上回るのでしょう。

→フレームの厚みはかなりのもの!剛性を高めるため、従来品よりも厚みのあるフレームになっています。

 

35ポンドで張ったときの身体の負担は?

という懸念事項に対し、バイブスレイヤーカーボンを搭載することで一応は対応。

※バイブスレイヤーカーボンは、ソフトテニスラケットに搭載されていた、衝撃吸収性に富んだカーボン素材です。

ただ、もちろんハイテンションでのご使用は自己責任となります。

張り上げはしっかりとさせていただきますが、無理なオーダーはなさらぬよう…。

 

…ということで、ぶっ飛んだラケットがでます。

デュオラ8XP。

まずは第一弾。

The following two tabs change content below.
tatsumisports 起己スポーツ
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-BADMINTON(バドミントン)