TENNIS(硬式テニス)

お声がなければ在庫しないでおこうと思っていましたが【CONFIDENTIAL】

2020/03/30

スポンサーリンク



ソリンコの秘密兵器?

日本ではキモニーが取り扱っているソリンコストリング。

以前、ハイパーGを在庫していた時期はありましたが、売り切れを機に在庫を見合わせておりました。

ここ最近、ちらほらとお問合せをいただいており、新製品コンフィデンシャルに対しても同様にお問合せをいただいておりましたので、一気に少しずつ在庫をさせていただいています。

 

どちらも五角形断面で、ハイパーGはチャートを見ると

一番パワーがあるという位置づけになっているようです。ここでいうパワーは「反発力」でしょう。

そこから考えて、コンフィデンシャルはハードになりつつ、コントロールに少し寄る、という感じらしいですね?

ソリンコ1のホールド感、とのことですが、柔らかい=ホールド感としていないのが興味深いところ。

 

ハイパーGは伸びてきてからもいい感じ、という感想をいただくので、おいしい時期が長めのスピンガット、というイメージを持っています。

最近多角形ガットが多すぎるので、特段人気があるところ以外は在庫していませんでしたが、あれば売れるんだろうなぁ?と思っています。

ありがたいことに硬式テニスガットの張り替え本数は数年前の比ではありませんので。たくさんのご利用をお待ちいたしております。

 

そして、コンフィデンシャル。

ハイパーGは色がなぁ・・・という声もあったので、今回のガンメタはなかなかに良いじゃないか、と思っています。何目線…

硬いのに喰いつく(日本語的にホールド感=喰いつきとして良いか迷いましたが、多角形断面によるホールド感という説明があったので、間違いではないか、と。)という部分を実感いただけるかどうか?でリピートがあるかどうかが決まってくると思っています。

 

不思議なことに、ツアーバイトはあまりお声がかかりません。

ソリンコ=選手が張ってる、あの派手な緑のやつ!というイメージが多いように思います。

そこにコンフィデンシャルが食い込んでくるのか。

楽しみにしています。

 

最後にここ最近、何度か書いている生産国について。

ソリンコはアメリカのメーカーなのでアメリカ製だと勝手に思っていましたが、台湾製とのことです。

勝手な思い込み、恥ずかしい…

台湾製のポリガットを採用しているメーカー…ソリンコ、ダイアデム、ヘッドあたりですね。

ガットによって生産国は変わりますが、どうせだったら逐一チェックしていこうと思っています。

 

ということで、ソリンコストリング。

是非ご検討くださいね。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-TENNIS(硬式テニス)