TENNIS(硬式テニス)

比較するのであれば同じメーカーでされると良いカモ?しれません。

2021/02/22

スポンサーリンク



柔らかめとか硬めとか、多角形とか丸とか。

硬式テニスのガット張替えにお越しのお客様。

「種類増えましたね~」と。

確かに、私もそう思います。

定期的に新製品が発売はされますが、意外と廃番になるものが少なく、業界全体のラインナップが膨れているように思います。

今回写真を撮影させていただいたヨネックスさんは、しれっと、徐々に廃番にしていって、総数が増えすぎないように工夫はされているように思いますが、それでも割と選びがいはありますよね。

今回のしれっとはポリツアースピンG。気が付けば廃番でした。昨年のヨネックスさんのラインナップの中では素材的には一番硬いポリでしたね。

 

ナイロンストリングって結構メーカーさんが絞られているように思っていて、当店では、モノ系ですと、ゴーセンが人気。マルチ系ですと、テクニファイバーやヨネックスが人気かな、と思います。
(今後、トアルソンも在庫しますし、また当店でのシェアは変わると思っています。)

ただ、ポリって、各社ラインナップがかなり充実していて(試し始めたら終わりがない、という意味で)"沼"と化しているように思います、苦笑

 

ラケットを替えた!

ガットはまずは同じものを。

でも、なんだか合ってない感じがする…

とすると、ひとまずはもともとお使いのガットと同じメーカーで、お使いのものからどのような変化をつけるとよさそうか考えつつ、お試しいただくのが良いではないか、と。

 

もともと使われていたものをベンチマークに、そこから弾きをプラスするのか、もう少し柔らかくするのか、引っ掛かりをプラスするのか、ガットの動きを大きくするのかetc...

もちろんメーカー毎にガットの"色"は異なりますので、加えたい特徴がラインナップになさそうであれば、メーカー毎切り替えることになりますが、色々と変えすぎて訳がわからなくなってきた…

という方も年間必ず一定の割合はいらっしゃるので、メーカーを固定して種類だけ変更、はアリなんじゃないかな?(頭の中を整理しやすいという意味です)、とそのようなご提案になります。

 

最終的には、感覚はお一人お一人のものになってきます。

答えにたどり着くためにどのような道筋を辿っていくか。

答えといいつつ、答えはあってないようなもの。

ガットのテンションやガットの太さでも特徴は変わります。

言い出せば、ガット選び自体が"沼"ではあるのですが、それがテニスの醍醐味!とずぶずぶと入ってきていただいて、より一層お楽しみいただくきっかけとしていただければ嬉しいな、と、

そう思います。

 

ということで、色々な道筋の一つのご提案として、軽くお読みいただければ幸いです。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-TENNIS(硬式テニス)