SOFT TENNIS(ソフトテニス)

ラケットのお掃除は誰の仕事?【泥掃除、エッジガード、グリップテープetc】

2019/09/23

スポンサーリンク



ガットの張替えに。ちょっと待って!ガットだけでいいの?と。

昨日もたくさんの方がガットの張替えにご来店。

ありがとうございます。

 

ガット張り替えて!とご依頼いただいたラケットを確認していると、エッジガードがボロボロだったり、グリップは土色だったり、フレームが土まみれだったり。。。

汚れが積み重なっています・・・

ガットだけでいいの?と思わず確認。

すると、あ、汚れてますね?替えておいてください、と。

 

ラケットのお掃除。

まずは日々のグリップの状態の確認。

滑らないか?ボロボロになっていないか?汗はしっかりと乾いているか?

直接手に触れる部分ですので、非常に大切です。

練習後は毎回チェックする必要があると思います。

 

次にエッジガード。

よく擦れている箇所はないか?剥がれている箇所はないか?

擦れているとバランスも変わってきますので、エッジガードを貼り付けている方は都度確認が必要です。

 

後は、泥とか土の汚れ。

これが非常に多いように思います。

よくお手入れされている方は、いつもラケットがきれい。見ていて気持ちいいです。

あまり確認されていない方だと、グロメットの中にまで泥が侵入してきています。

雨の日やコートがぬかるんでいる日にもプレーはされることと思います。

練習が終わったら、しっかりと綺麗にしておきましょう。

グロメットの中は綺麗に汚れが取り切れない場合もあるかと思いますので、そこはガットを張り替えるときに気づけばお掃除させていただいています。

 

土や泥の汚れはストリングマシンにとっても天敵ですので、都度確認はしていますが・・・お掃除は本来プレーヤーの皆さんのお仕事です。

整理整頓と同じく、ラケットメンテナンスを日々のルーティンにぜひ組み込んでください。
(あ!試合前にガットが切れた、は本当にダメですよ。テスト前に勉強をしていないのとまるっきり同じことです。)

 

特に学生さんですと、そのラケットは親御さんに買っていただいたものではないのでしょうか・・・?
(社会人の方で趣味で競技をされている方は用具がきれいな方がほとんどです。)

用具を丁寧に綺麗に。せっかくの用具です。長く使ってあげてくださいね。

 

是非お願いいたします。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)