BADMINTON(バドミントン)

アークセイバー7プロ、入荷しています。

2022/08/20

スポンサーリンク



初回、近いスペックのものが届いています。

アークセイバー7プロが入荷しました。

ウェブショップはこちらから。

 

4U5・4U6共入荷しております。
スペックもかなり近かったですので、お求めだった方はこのタイミングを是非ご利用くださいね。

アークセイバーシリーズで比較すると、11プロよりはバランスがやや軽め。
(重量的には、4U5は軽いものが多かったです。4U6は4U5よりやや重めでした。)

カタログ的にも、11プロはややヘッドヘビー・7プロはほぼイーブンという位置づけでしたので、メーカー設計通りになりますね。

新製品発売の度に、一つ一つ傾向を勉強しています。

 

プレシジョンスキャンで計測をするとわかりやすいのですが、バランスで5mm前後軽くなるような感じですね。

同じ4U同士で比較をしてみると、アークセイバー11プロは300mm前後、7プロは295mm前後ですので、どちらも、基本的にはあまり重めのバランスではないと思います。

ヨネックスさんのカタログでヘッドヘビー設計となると、305mm~310mm程度のラケットが多いのではなかろうか、と思います。

 

バドミントンは他の競技のように、【バランス設計の平均値:○○mm】と表記しないため、

ノーマルは何ミリくらいなのか、ヘッドヘビーは何ミリくらいなのか、ヘッドライトは何ミリくらいなのか…

はわからないことがほとんどです。

ウイルソンさんは、バランス設計と平均○○ミリと記載がありますので、参考程度にいくらかピックアップしてみると、

イーブンは295mm、ヘッドライトは285mm、ヘッドヘビーは310mm

のように記載がありましたので、何となく、傾向は見えてきますね。

 

また、リプレイスメントグリップを外してプレーされる方も多く、バランスポイントはあってないようなものですので、硬式テニスとはかなり勝手が違います。

ソフトテニスの方はリプレイスメントを外す方が一定数いらっしゃるので、バドミントンに近しい部分はありますが、それでもバドミントンの方ほどではないと思います。

競技でまぁ本当に傾向が違いますので・・・このあたりは表現が難しいですね。

 

少し話が脱線しましたが、アークセイバー7プロ。

扱いやすそうなスペックが並んでいます。

是非。

 

では。

The following two tabs change content below.
Avatar photo
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-BADMINTON(バドミントン)