SOFT TENNIS(ソフトテニス)

できればポジションは決まってから・・・

スポンサーリンク



ラケット選び、難しいですね。

新デザインのジオブレイク選びにお越しいただく方がポツポツと。
※中学1年生の初めてのポジション向けフレーム選びをイメージして書いています。

初めてのポジション向けになるはずのスペック。

なのですが、バーサスってどうですか?というご質問が意外と多い・・・?

お聞きしていると、試合によってポジションが変わったり、まだどちらとも言われていないんです、という方だったり・・・

コロナ禍によって練習時間が十分に取れず、また試合も少なくなり、例年ですとポジションがしっかりと決まっている時期でもまだしっかりと決まっていない方がちらほらといらっしゃるようです。

となると、オールラウンドっていう表現、なかなか魅力的です。

ただ、あくまでも当店のおすすめとしては、前衛はV、後衛はS、です。

バーサスはVよりも先が重く、弾きが少し劣る、Sよりも先が軽く、しなりが少し劣る。

ポジション的にはちょうど間にいるのですが、前後衛それぞれの技術をしっかりと身に付けるのであれば、V、 Sがそれぞれ最適ではないか、と思っています。

とは言いつつも、ポジションが決まっていないのであれば初心者向けから持ち替えるべきはバーサスとなってくると思います。

そうすると、あとできることは、ガットでの調整です。

まずは癖が少ないガットを張って、日々練習に励んでいただく。

途中で前衛練習が多くなってきたのであれば少しでも弾きをプラスできるガットを、

逆に後衛練習が多くなってきたのであれば、しなりを球持ちで補うべく、そのようなガットを。

それぞれ組み合わせいただき、1年後くらいにフレームの買い替えをご検討いただく。

そのようなご提案も一つアリなのかな?と、柔軟に考えようと・・・そう思っています。

 

気がつけば、もうすぐ年度がかわります。

ラケットの持ち替えをご検討中の中学1年生は、SとVを中心に置きつつ、場合によってはVSも考えてみてください。

店頭でのご相談も是非お待ちしております。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)