TENNIS(硬式テニス)

ULTRA 100 CV入荷してます。

2017/08/31

スポンサーリンク



いや、すみません、、、ネタ切れで2日連続同じラケットのご紹介。

wilsonが送る黄金スペック(wilsonではウルトラスペックと表記。)の新ULTRA。

当店は黄金スペックの100CVのみ在庫します。

あとは、100Lと100ULが展開されます。

100Lは277g ave.、325mm ave.、100平方インチ、ビームは23.0/26.5/22.5、ストリングパターンは16x19というスペック。

100ULは257g ave.、330mm ave.、100平方インチ、ビームは23.0/26.5/22.5、ストリングパターンは16x19というスペック。

当店のお客様の中心は男子高校生になるので、100L、100ULは必要ないかな、と思い在庫はしません。

在庫品番100 CV(こちらだけ衝撃吸収素材カウンターヴェイルを搭載しております。)のスペックは以下。

300g ave.、320mm ave.、100平方インチ、ビームは23.0/26.5/22.5、ストリングパターンは16x19というスペック。

黄金スペックど真ん中のスペックです。

ご購入はこちらからどうぞ。

ver.2になって、何が変わった、という話なのですが、

1 ハーフファストスピードテクノロジー

フレーム内側の形状を多角形にすることで、打球時のラケット面の変形を抑制します。これにより、ストロークに比べて約半分の距離で受け止めなければならないネットプレーでも、ぶれることなく、高いコントロール性能を発揮します。

2 パワーリブ

スロート内側に、まるで肋骨が浮き出たような形状にすることで、打球時のシャフト部の安定性を向上します。
これにより、ストロークに比べて約半分の距離で受け止めなければならないネットプレーでも、ぶれることなく、高いコントロール性能を発揮します。

3 クラッシュゾーン

フレーム6時部のグロメットに、1,000分の3-5秒とも言われる打球時間を、最長化する“クラッシュ・ゾーン・グロメット”を採用。
これによりメインストリングスの“たわみ”が大きくなり、高いコントロール性能とマイルドな打球感を実現します。

4 パラレルドリリング・ダブルホールズ

ストリングスホールをストリングスと平行に設計する、パラレル・ドリル・テクノロジーとストリングスの稼動域を26度まで広げる直径4.2mm(通常は3.5mm)グロメットホールが、ストリングスのたわみを拡大し、柔らかい打球感と共にパワーを増幅させます。

5 ペリフェラル・ウェイト・システム

1984年に生まれたPRO STAFFにも搭載されていた周辺加重機構。
ラケット面の3・9時部分に質量を持たせることで、ラケットの慣性モーメントを高め、打球時の面ブレをなくし、コントロール性能を向上させます。

ということです、笑

詳しくはこちらのリンクから。

いろいろと改善がされ、特にネットプレーで優位を発揮できるラケットに仕上がっています。

もちろんストロークも!

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-TENNIS(硬式テニス)