SOFT TENNIS(ソフトテニス)

持ち替えスパンがゆっくりになっていますので・・・

2022/05/07

スポンサーリンク



時期を見定めて、エイヤ!と思い切った持ち替えを。

連休中、中学3年生・高校生(1~2年生ですが、特に1年生)のソフトテニスラケットの買い替えも多く、よくご相談をさせていただいております。

今お使いのラケットをお持ちいただいて、

「このラケットからどんな感じに持ち替えるといいでしょう?」

という形でご相談をいただければ、より現状が把握しやすいので、いろいろとスムーズ。

事前にご連絡をいただければ、是非ラケットをお持ち下さい。

そのようにお伝えをしています。

 

 

その際、必ず重量規格やグリップサイズを確認させていただくのですが、UXL0やUXL1をお持ちの方がかなり多いように思います。
(当店の地域での話です。)

UXL規格はヨネックスさんでは220g平均、同様の規格で考えると、ミズノさんでは223g平均(X)となります。

この軽量スペックが悪いというわけではなく、ラケットランクを上げていく中で、ヨネックスラケットを選択しようとすると重量アップ(UL規格へのステップアップ)が必ず生じるため、持ち替えのタイミングが非常に難しい、という話になります。
(ミズノさんの場合、ハイエンドモデルまでX規格をフォローしてくれているので、重量アップしなくてもいいケースが多くなってきました。)

コロナ前ですと、1年に1本のペースでラケットを持ち替えていただくのが一番多いパターンでしたので、無理なく大会のない時期を選んで、重量&ランクアップをお勧め出来ていたのですが・・・

練習があったりなかったり、大会があったりなかったり、でしたので、この春に今までのしわ寄せ(という表現であっているかわかりませんが。)が来ているのだと思います。

 

お一人お一人、ラケットランクと重量についてお話をさせていただき、今お使いのラケットと併用いただく形でどんなラケットを選択すればよいかご相談をさせていただいていますが、

やはり悩ましいことは悩ましいようです。

 

重量について不安があるのであれば、まずは同じモデルで一つ重たいモデルを使ってみる。
※それだけでもかなり印象は異なりますし、長年使用したフレームと新品では飛びそのものが違います!

大会がしばらくないのであれば、重量とランクを一気に上げてみる。

いずれの選択も正解だと思います。

 

UXL、UL…どちらの重量が良いのか…
地域毎、ショップ毎、プレーヤー毎…考え方が違うため、それぞれの答えに違いが生じると思いますが、今現時点、当店としては、無理なくULを持てるのであればそれに越したことはないと思っています。

また、お時間をいただけるという方は、カスタムフィットで230gをお作りするのもありだと思います。

 

持ち替えスパンが変化してきた、コロナ禍3年目。

当店も日々迷いながら、"より良い"を目指して、お客様とお話をさせていただければと考えています。

本日もたくさんのご利用をお待ち致しております。

 

では。

The following two tabs change content below.
Avatar photo
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)