TENNIS(硬式テニス)

プレステージが変わります。

2021/10/09

スポンサーリンク



なんだかワクワクします。

コントロール性能に特化したラケットと言えば、なプレステージシリーズがリニューアルされます。

今回のリニューアルの大きなポイントは2点。

1つはオーセチック構造。

もう1つは呼び方。

 

オーセチックとは…引っ張る力が加えられると広がり、押し込むと収縮する構造。
ボールインパクト時に反応し、その内部構造を伸縮させることで、インパクト時のフィーリングをより良いものにします。
ヨークピース部に搭載されています。
メーカー説明をぎゅっとすると上記のような説明になります。

ヨークピース部ってどこかというと、

ここ、です。

つまり、スイートスポットにボールが当たると、必ずオーセチック構造を経由するわけですね。

日本語で書くとよくわかりませんが・・・もう本当にざくっと表現すると、打感をより良くしました、ということのようです。
(大雑把ですみません。。。)

 

HEADの営業さんとお話していると、今のHEADラケットの完成度は高いところにあって、なかなか"これ以上"を簡単に出すのは難しい、と。

ただ、打感・打球時のフィーリングについては追及の余地がまだまだあるだろう、ということで、オーセチック構造に行き着いたとのことです。

ラケット選びの一因として"打感"は大切な要素になるだろうと思われます。

そこに寄与できるのがオーセチック構造です、と。
芯を喰ったような打球感を少しでも再現したい。そんな風におっしゃっていました。

"オーセチック構造"自体は、ウェブで検索してもいろいろな結果が出てきます。
服にしなやかさを付与できたり、シューズのクッショニングをよくしたり、と、様々な製品に採用されている構造のようです。

ただまぁ・・・どこまで言っても、とりあえず打ってみて下さいね、ってことですね、、、笑

 

また、プレステージについては、呼び方が結構変わります。

今までのラインナップは、、、

PRESTIGE MID
PRESTIGE MP
PRESTIGE PRO
PRESTIGE TOUR
PRESTIGE S

でしたが、今作は、4種類になりました。MIDがなくなり、

今までのMP→今作はPRO(20mmフラット・98平行インチ・320g・310mm・18/20)
今までのPRO→今作はTOUR(22mmフラット・95平行インチ・315g・315mm・16/19)
今までのTOUR→今作はMP(21.5mmフラット・99平行インチ・310g・320mm・18/19)
今までのS→今作はMP L(21.5mmフラット・99平行インチ・300g・315mm・16/19)

上記のように呼び方が整理されます。(MPとMP Lはちょっとずつスペックが違います。)

呼び方はグラビティと同じイメージになるので、ちょっとわかりやすくなるかな?と思います。

とはいえ、スペックを見れば見るほど、プレステージってどれを選んだらええねん・・・となってしまうのは事実。

今までのイメージで選ぶと、違うラケット?となりますので、上記のように頭の中を整理してみてくださいね。

 

ということで、オーセチック構造が楽しみな新プレステージ!

来月発売です。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-TENNIS(硬式テニス)