SOFT TENNIS(ソフトテニス)

情報を小出しにしていくスタイル。

2020/05/28

スポンサーリンク



だって発売は2か月後なので...

各所で話題のポリアクションプロ。

選手がSNSで投稿したり、YouTubeでも動画が結構上がっていますね。

発売まで時間があるので、当店ではじっくりと味わっていこうと思っています。

焦っても仕方ない。(といいつつ、コロナ大不況で当店も大打撃を受けていますので、ご予約は是非当店で...笑)

ポリアクションプロ、ポリアクション125、気付いたら張り上がっていました。

私が張れていないので張りやすさについてはわからないのですが、当店社長曰く、ポリアクション125よりも張りやすいとのこと。

どうやらなめらかとのことです。

ポリアクション125って、ソフトテニスのガットの中ではかなり張りにくい方です。

張りにくさで言うと、、、ミクロパワー、ガムゾーン、ナノジー125ツアーあたりといい勝負です。

張りにくさの種類は違うんですけどね。

 

で、張り終わった後に、手で面を叩いてみると、同じテンションで張り上げているのにも関わらず、ポリアクション125よりもプロの方が音が高め。

その翌日にも同様に手で面を叩いてみると、張りたてよりも差は縮まっていましたが、同様にプロの方が音が高め。

マシン、張り手、ラケットの種類は同じなので、ガットによる差でしょうね。

音が高い理由としてはいろいろと考えられますが、例えばガットの性質的にそもそもテンションが出やすいであったり、テンションキープがしやすいであったり、細さや柔らかさが影響していたり。

直接的な理由についてなんとも言えないので言及はしませんが、せっかくだったら打球音も良ければうれしいですよね。

 

まだ試打前の段階ですが、再度お伝えしておく事項として・・・

どこまでいってもポリはポリです。

ナイロンに比べるとテンションは落ちやすいですし、ボールは飛びません。

ボールが飛ばないことで無茶をしてもボールはコートに収まりますが…知らず知らずのうちに体に疲労がたまります。

また、体への負担も大きいです。

基本的に、こちらからおすすめすることがほとんどないガット、とご理解ください。

ハードヒッターの方であったり、しっかりと毎回スイートスポットでボールを打てる技術のある方、

基本的にはそのような方向けの製品です。

 

手綱を引き締めつつ、でも新製品は楽しみ。

続報もお待ちください。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)