SOFT TENNIS(ソフトテニス)

ミズノガットのカギは、低硬度ウレタンコーティングかもしれません。

2019/02/08

スポンサーリンク



マルチファイバーコントロールは少しややこしいですね。こちら、一応…新作となります。

先日、

DIOS 10-C/50-C・・・50-Cの方が硬く感じるって、あるのかな?【試打で色々試し中】

こちらの記事で、DIOS 50-C/10-Cに新製品のマルチコントロールを張っています、と書かせていただきましたが、マルチコントロールは実は今までにも同じ名称で発売されていたんですよね。

パッケージが変わっただけでは?とコメントをいただきましたので、詳しく書かせていただこうと思います。コメントをいただきました方、ありがとうございます。

 

今までのマルチファイバーコントロールには大きく分けて2種類あり、
1:ガットが伸びるのを防止するスパイラルの伸び留が入った○○スパイラルというカラー(現在は廃色になっていると思います。)
2:伸び留加工のない通常カラー
このような感じで発売されていました。
調べてみたところ、2019年のカタログでは廃盤となっていますが、今現在(2019/2上旬)、メーカー在庫はまだ在庫はありそうです。

で、新しい方は、というと、モノスピード、マルチドライブから採用されている低硬度ウレタンコーティングが採用され、
・従来より粘性のあるコーティングになり、球持ち感がアップし、コントロールがしやすい
・目ずれが少なく、ボールが抜けてしまうことが少ない
・コーティングの効果で性能維持性がアップ
…と、いろいろな点が改善されています。

ミズノ的には、従来の商品はMTコントロール、新製品はMFコントロールと名称を使い分けているのですが、少しややこしそうです。

またメーカーからも公式に発表があるのでは?とも思いますが、新しい方が表面がねばい、と思っていただければと思います。
※コーティング以外の変更はないとのことです。

 

テンションキープに関しては正直まだまだ課題があると思っていて、これから更なる改善が期待されますし、変色も結構気になる部分。

ただ、年々レベルが上がってきていますし、なんなら3月に発売されるMFコントロールは、ホールドマルチ感がちょっとあったりするので、うまくいけばがつっとシェアが拡大していくかもしれません。

 

ちなみに、低硬度ウレタンコーティングの恩恵で、モノスピード、マルチドライブ共、弾きがある中に一瞬のコントロール性を付与できているので、ミズノガット自体はぐっとレベルアップしたと思っています。
モノスピードはシャープな弾き感、マルチドライブは柔らかな弾き感。(シャープ、柔らかな、という部分は打感の部分ですね。)

 

もちろんモノソニックにも低硬度ウレタンコーティングが施されています。

低硬度ウレタンコーティングシリーズとして、モノフィラメントのシャープな弾き系の中にモノスピードとモノソニックがあって
マルチフィラメントの柔らかな弾き&球持ち系の中にマルチドライブとマルチコントロールがある

そのような認識をもっていただければ良いかと思います。

 

しばらくはややこしい状態が続くかもしれませんが、ご確認をお願いいたします。

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)