BADMINTON(バドミントン) SOFT TENNIS(ソフトテニス) TABLE TENNIS(卓球) TENNIS(硬式テニス)

【2017/10/15更新!】【競技に関わらず】シューズの間違った選び方【ラケットスポーツ】

2017/10/15

スポンサーリンク



最近多い…間違ったシューズの選び方

ちょっと書かせていただこうと思います。

というのも、シューズの選び方がまずい方が意外と多いので、これだけはやめてほしい、というポイントだけ。

当店にてフィッティングさせていただく場合は、そのあたりまでお話はさせていただきますが、やはり様々なデザインがありますので、スタッフとして、シューフィッター(有資格者おります。)としてここだけはゆずれない、というポイントだけ書かせていただきます。

その範囲を逸脱しなければデザインで存分に選んでください。

 

ウィズ(足囲)を誤らないでほしい

ウィズ、足囲といって、足の一番幅の広い部分を計測して、2Eとか3Eとか決まっているのですが、

「とりあえず幅広で」

という方があまりに多いです。

一目見て足囲がない方って結構多くて、そのような方には予め計測をさせていただくか、あまり幅の広くないシューズをお勧めします。

※足幅といって、単純に幅だけ計測する規格もあります。

そのあたりの細かい話は割愛します。

クロックスみたいな楽なシューズに慣れてしまい、足とフィットしたシューズをきついと感じる方が多いのですが、基準としてはスポーツをするシューズなのですから、きつい部分があって当たり前。
(点で骨が痛いのはあっていない証拠です。)

ホールドされる部分はきっちりホールドされなければ。ゆるゆるのシューズはただの怪我の原因です。

 

(廃番でサイズがないときなど)中敷きひくから大きいサイズでいいよ、はダメ

廃番シューズでよくありますが、デザインがどうしてもこれがいい、でも大きい、という方が、平気で

「中敷きをひくから大きくてもいいです」。

中敷きを重ねることで、中敷き同時がずれて靴擦れを起こす原因になりかねませんし、ずれた際に怪我をする場合も。

また、中敷きを重ねるとシューズの内部の空間が少なくなるため、足の甲や親指、小指側を圧迫され外反母趾などの原因になる場合も。。。

とりあえず、中敷きは重ねない、が鉄則です。

 

(逆に幅が狭すぎるシューズで)サイズを1つあげればいける気がする、、、はいけない。

逆に、スリムラストのシューズを気に入ってしまい、どうしても履きたい、でも幅は痛い、、、という方は、

「シューズを1サイズ大きくしよう」

とおっしゃられます。

サイズを上げると前の余りが多くなり、躓く恐れが、、、。

また、シューズの設計上、一番広く作る部分は、足の幅が一番広くなる部分です。

サイズアップをすることで、シューズの広い部分と足の幅が広い部分がしっかりとマッチせず、結局幅は狭いまま、ということがよくあります。

(価格が低いシューズほど、シューズのくびれを作らないので、サイズアップだけでいけることがあったりするのですが、それはまた別のお話です。)

以前、びっくりしたのが、あるシューズ専門店でスニーカーを選んでいた際。

まさか、店員さんが、

「この靴、幅が結構狭くて、前余ってもワンサイズアップした方がいいですよ」

なんてアドバイスを。

専門的に扱っているのであれば、いかにスニーカーといえどもそれだけは言ってほしくなかったです。。。

 

 シューレース(靴紐)で最後の調整もできます。

最後は余談。

シューレースの通し方で、最終的なフィット感を調整することもできます。

といっても少し裏技チック。全員にご提案させていただくわけではありません。

・右は良いけど、左のこの部分だけなんか気になる

・左右の足のサイズがあまりに違う

など、どうしても合わない場合、何とかなるかもしれません。(これは個人によって感じ方変わりますので、あくまでもあうシューズを選んだ次のステップとして。)

 

では、本日はこのあたりで。

The following two tabs change content below.
tatsumisports 起己スポーツ
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-BADMINTON(バドミントン), SOFT TENNIS(ソフトテニス), TABLE TENNIS(卓球), TENNIS(硬式テニス)