SOFT TENNIS(ソフトテニス)

ガムブースト、テンションキープ率は意外と良い?【雑感】

2020/08/26

スポンサーリンク



意外とイケているような気がしています。

ちょくちょく試打しているガムブースト。

張ってしばらく経ちますが、感覚的にガクっとテンションが落ちている感はありません。

試打の感覚が空いているのもあるので、その感覚自体がどうなんだ??ということもあるのですが、

張って2週間くらい経ちましたが、"いい感じやん"が継続されているように思います。

 

で、こういう...たまに打って雑感を投稿しているスタッフ試打と発売してから実際に張らせていただいたお客様のマイラケでの使用感において、違いが生じてくるとすると…

そもそもの感覚の違い(←結局ここが一番です。)

ガムブーストにおいては、ガムコーティングの弱点のひとつ、砂や埃が原因だったりすると思います。

ガムゾーンやガムブーストで、使用途中から目ズレが起こりやすくなる(しかも回転性能も落ちる)のは、表面に細かな砂や埃が付着していることが大きな要因だと思っています。
(べたべたがさらさらに変わるイメージですね。)

もちろん、使用頻度が多ければ多いほど、ごみが付着してガットが動いてテンションロスが生じる確率は上がるでしょうし、

さらにはそもそもの表面状態の変化によって、同じ2週間という期間であっても感想は大きく変わってしまうと考えています。
※打ち方によっては、張りたてから目ズレが生じやすい方もいらっしゃいます。

ですので、このあたりの使用感は、やっぱりお客様からたくさん感想を集めていくしかないと思っています。

 

ガムコーティング第一弾、ガムゾーンが発売される前に、ゴーセンの社員さんに「ガムゾーンはほとんど目ズレしないと思いますよ、ガッチリ噛むので」と言われましたが、

使用していくと、正直目ズレは生じます(ニュアンス的には、生じるケースもあります、くらいで(笑)ジオブレイクはわかりやすくガットが動きますね。)。

縦糸と横糸ががっちり噛み合ってノッチングができると、ガットはガチガチで動かなくなりますが、

ノッチングができる前に緩みが気になってきて張り替えをされる方も多いので、ガチガチな状態まで持っていける方が全てではないと思います。

 

発売までに盛り上げていこう、と色々と思ったことは書かせていただいていますが…結局はマイラケにしっかりと張り上げてみて、どう思うのか?になってくると思います。

 

肝心な構造については、ゴーセンさんの公式サイトで発表されるまでは言わずに置いておきますね。

とりあえず、凝った作りであることは確実です。

ということで、ブースト雑感でした。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)