SOFT TENNIS(ソフトテニス)

ジオブレイク70STEER(ステア)が登場します。

2021/07/07

スポンサーリンク



息継ぎが出来ない…しんどい…

ボルトレイジの熱が冷めやらぬ状態で、ジオブレイク70ステアのご紹介です。

簡単に言うと、UXL規格のジオブレイク70シリーズ!

びっくりしました。

ヨネックスさんも軽量化に走るんだ、と。

 

で、ただ軽くしただけではなく、設計自体も見直されているあたり、流石です。

ジャイロバーストはそのままに、グロメットもさらに柔らかく!

ジュニア~幅広く使っていただけそうなマイルドなフィーリングになっているのでしょうね。

50シリーズのUXLとの比較が難しくなりますが、全長だったり素材だったりが違いますので、またなかなかに比較しにくい両者になると思います。

とりあえず50から、が50と70ステアはどちらもいけるよ、となると、先日のSCUD 01-R/DIOS 10-Cと同じ現象に…

ただ、バランスポイントが、S:290mm/V:275mm、とそれぞれUL規格と同じなのがすごい!

そう思いました。はい。

 

フレーム設計ももちろん見直しがなされています。

おそらくコレがないと、平均バランスポイントが同じにはならないと思うのです。

フェイスとグリップの重量の再配分が絶妙なのだろうと思います。

 

 

結果としては上記のようになっています。

ジオブレイク70シリーズよりも良いデータになってしまっていますが、大切なのは、通常のスウィングロボットと速度を変えているという点。

低速において威力を発揮する、ということを念頭に置いておいてください。

力のあるプレーヤーが使う場面があるとしたら・・・一日の中で疲れがたまった試合の後半で使う、であったり、2部練、3部練の最後の方に使う、であったり、

パフォーマンスが低下している場面で助けてもらう、というイメージになると思います。

 

試打も届くと思いますので、70シリーズと比較しながら打ってみようと思っています。

 

既製品、カスタムフィットとも予約はすでに開始しています。

カスタムフィットはグリップのみ調整可能となります。

また、張り上げは30ポンドまででお願いします。
※新品状態ですと高くても張り上がると思いますが、基本的には強度はそこまで高くないフレームであろうと思います。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)