SOFT TENNIS(ソフトテニス)

はやく店頭に並べたい、ドクタースキル。

2021/07/19

スポンサーリンク



並んでないの!?というお客様も多く・・・ごめんなさい、もう少しお待ちくださいね。。。

ソフトテニス初のトレーニングラケット、ドクタースキル。

初回入荷がかなり少なく、まだ店頭に並べられていません。

当然のことながら、試打も出来ていませんので、使用感は何ともわかりませんが・・・

しっかりとスイートスポットに当てる練習には最適なことは間違いないでしょう/はず!?と

(ちょっと無責任ですが…)そう思います。

 

これってなんの練習になるの?

という方もいらっしゃったのですが、どのようなプレーにおいても、ラケットの芯にしっかりとボールを当てることは大切ですので、

その手助けをしてくれるアイテムとして、基本練習を中心に、幅広くお使いいただけると思います。

 

それこそウッドラケットの時代は、フレームがもつスイートスポットが非常に小さく、

そこにしっかりボールが入らないと、ぼよよ・・・んという振動と共に、ボールが全然飛んでいかない、が普通でした。

 

カーボン時代になっても、シングルシャフトで長尺のものがあった際は、面の安定感がツインシャフトに比べて落ちるため、ストロークを固める練習に使ったりもしたものです。

当店女性スタッフは、中学生時代、シングルシャフトでよく練習していました。

学年があがる毎にラケットの種類は代わり、最終的にはXyst ZZに落ち着いたのですが、ストロークを身に着ける上でシングルシャフトがその一助になったことは間違いないと思います。

 

最近のラケットは、軽くても安定感があり(それでも重いラケットの安定感や安心感には負けると思いますが)、スイートスポットを外してもよくボールを飛ばしてくれるものが多くなっています。

そうすると、フォームが安定しないまま経験年数が経過してしまう、というケースが出てきてしまっている場合があると思うのです。

 

手打ちが全て悪い、ということではなく、下半身をしっかりと使った基本に忠実なストロークがあって、その土台の上に色々な打法があれば良いのかな?と思いますので、

基本に忠実なストロークを身に着ける上では、こんな秘密道具があったら助けになってくれるはずです。

まずはトス打ちとか一本打ちで様子見ですよね。

 

これでボレー練習をするのは少し怖いですが、色々な練習方法を模索していただければ嬉しく思います。

 

ということで、ドクタースキル。

たぶん来月以降何だろうと思いますが、なる早で!とお願いしていますので、しばしお待ちください。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)