SOFT TENNIS(ソフトテニス)

【ソフトテニス】ほとんど毎日注文いただきます。カスタムフィットの人気重量について

2017/10/19

スポンサーリンク



ほとんど毎日注文をいただくカスタムフィット、その人気重量はやっぱりUL規格。


本日はヨネックスカスタムフィットシステムについて。

基本知識は以下の記事に。

【2017/10/18更新】今更聞けないYONEXカスタムフィットラケットについて少し解説!

昨日目を通しておりますので、最新情報となります。

ポイントとしては、

重量やバランス、グリップ形状やグリップの太さが納品時(ガットを張り上げる前)にばちっと合っている、という点です。

 

後加工(例えばおもりによって加重をする/グリップの太さをソフトグリップを何重にも巻くことによって変える、など)によって自分の好みにする、ということとの違いはその点。

 

ですので、

ガットを張る/ソフトグリップを1枚だけ巻く/エッジガードを貼り付ける/グリップバンドを付ける←ガットを張る、以外は人によって違います。

といった基本的な加工だけで、自然なバランス(納品時に希望したものから大きく外れない)のラケットが手に入ります。

 

また、毎回のスペックのばらつきが少ないのも利点。

 

 

そんなカスタムフィットの人気重量は、というと…

やっぱりUL規格。

それも240gか245gに半分以上のオーダーが集中しています。

一度カスタムフィットをご注文いただき、

「それがよかった」

という方は同じスペックにてご注文をいただくことが多いため、260gだったり280gだったり、もちろん一定のご注文は全ての重量にありますが、ご新規の方の多くはULの中心重量である240gか、ULとSLの境目である245gにされることが多いです。

そもそもULが今の主流、というのが大前提にありますが。

 

あくまでも数の話ですので、例えば店頭で、

「もう少し重くてもいいかも」

とか

「ちょっと重いから軽く」

というご希望をいただければ、そのご希望にあわせてバランスも含めてご相談をさせていただきます。

 

バランスはノーマルが多いですが、ヘッドヘビー、ヘッドライトも結構注文いただきます。

比率はノーマルが半分くらいで、あとはばらばらです。月によって、また、機種によって変わります。

 

いまいちわからないけど…

ULの規格でグリップだけ自分好みにしたい、という方は240g(235g、245gももちろんOK)のノーマルバランス

SLの規格でグリップだけ自分好みにしたい、という方は255g(250g、260gももちろんOK)のノーマルバランス

が一応の基準です。

それをじっくり使ってから、じゃあ次はどうする?という風に考えていただくとよいかと思います。

 

以上、カスタムフィットのおはなしでした。

The following two tabs change content below.
tatsumisports 起己スポーツ
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)