SOFT TENNIS(ソフトテニス) TENNIS(硬式テニス)

こんなときこそカスタムフィット。

2022/02/02

スポンサーリンク



準備はいまのうちに。

ヨネックスさんのサービスで、2週間/40日でご希望のスペック(グリップサイズ、形状、バランスポイント、重量)のラケットを作製してくれるカスタムフィット。

普段ですと、まだかまだか、と一日一日が待ち遠しい別注システムですが、こんなときですので、ゆっくりとスペック選びをし、オーダーされませんか?

カスタムフィットのスペック選びの参考に。

ホントの直近に絞らせていただきますと、ボルトレイジ7シリーズのクレナイとナノフォースにご注文はほとんど集約されていますが、ハイエンドモデルを中心に、日々オーダーをいただいております。
(クレナイリリース迄の…日頃の人気機種は、F-LASER 9S/9V、GEOBREAK 80S/80V、NANOFORCE 8V REVあたりになります。)

 

オーダーを細かく見させていただいていると、

前衛の方は、グリップサイズや形状にこだわりのある方が多く、重量バランスは普通のUL規格だけど、グリップはノーマルに/36に(逆にナノフォースの場合はプレーシフトに)など、バラエティに富んだご注文をいただきます。

また、ボレー特化型にしようとすると、バランスポイントを軽く、重量はやや重め、というオーダーも多かったりします。
(バランスポイントは取り回しのしやすさ、重量があることで押し負けにくいように、という狙いになると思います。)

後衛の方は、バランス調整が多く、ヘッドヘビーやヘッドライトにバランスを振って、ご自身の振り感を探されているようです。

細かく見ていくと、(潜在的な)ニーズはポジションによって違うなぁ、とこちらとしても勉強になります。

また、ミズノさんにも同様のサービスがあります。こちらはスペシャルチューンオーダーという名前になっています。
(グリップサイズがかなり幅広く、こちらはこちらで、コアなお客様から根強い人気があります。グリップサイズの幅の広さはなかなかのものです。)

 

ちなみに、ヨネックスカスタムフィットは硬式テニスにもありまして、こちらも密かに人気なサービスとなっています。
(ソフトテニスほどは知られていないと思います。)

硬式テニスの場合は、既製品にないグリップの太さをオーダーされるのはもとより、0.5インチロング加工という、基本長を調整できるサービスもあったりします。

この、0.5インチロングはグリップ部分を約1cm長くするのですが、1cm変わるだけで振り感は全然変わりますので、27.5インチがお好きな方は目当ての機種がリリースされると必ずロングオーダーをいただきます。

全長が長いモデルはどのメーカーさんであっても年々減っていますので、カスタムフィットは貴重なシステムになると思います。

 

と、(当店的な)基本に立ち返り、別注システムのご紹介でした。

店頭及びウェブショップから、受付しております。

 

では。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス), TENNIS(硬式テニス)