TENNIS(硬式テニス)

中身は変わっていないようですよ。

2020/09/10

スポンサーリンク



ぬるっと新しいパッケージが増えてきています。

Xcel French Openの後継、Xcel Blackと、RPM Roughの黒色が届きました。

在庫状況に応じて仕入れていきますので、ぬるっと新しいものが届いていますが、このパッケージ、結構わかりやすいと思っています。

パッと見てみると、ちょっとわかりにくい部分もあるのですが、並べてみるといい感じ。

ポリで考えると、

RPM Power→SPIN POWER
RPM Hurricane→SPIN DURABILITY
RPM Blast→SPIN CONTROL
RPM ROUGH→SPIN MAX
RPM TEAM→SPIN

とのキャッチコピーがパッケージに書かれています。

とりあえず全部SPINは入るのですが、コンセプトはわかりやすいですよね。

これが全て球質に直結するわけではありませんが、何となくのイメージは湧きやすいし、こちらも、ストリングの説明をしやすいなと思います。

商品名が端に追いやられてめちゃちっちゃく書いているので、手に取られる際はちゃんとチェックする必要はありますが、

当店においては、ブラストを中心に考えて(それが一番人気です)そこから耐久性だったらハリケーン、スピン量を増やす(球の乗っている時間を長くする)のであればラフ、と展開がしやすいな、と。

RPM PowerのPOWERが何を指してか、はわかりませんが、、、海外のPowerって表記は日本のイメージとは違うんでしょうかね。

硬い=反発があるってことかな?と思ってみたり。この辺はわかりません。

 

ナイロンマルチは、

Xcel→COMFORT POWER
Addiction→COMFORT
Brio→COMFORT

という感じ。

BrioはCOMFORT DURABILITYでもよさそうなのに、と思いつつ、XcelがPOWERとなっているので、こっちは柔らかさによる飛びのイメージかな?と。

 

キャッチコピーで色々と妄想するのも面白い。

 

ということで、一瞬迷子になりますが、バボラのラインナップが大きく変わったわけではありませんので悪しからず。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-TENNIS(硬式テニス)