TENNIS(硬式テニス)

張り比べてみると、見えてくるものもある…?

2021/04/01

スポンサーリンク



お客様からの感想を心待ちに。

ホントにちょうど、レクシス125→レクシスコンフォート125、とお客様からストリンギングのご依頼をいただきました。

別々の方ですし、違うラケットなのですが、張り比べてた感想を書いてみようと思います。
(ご指定テンションは1ポンド差でした。)

証拠がてら(?)写真も載せますが、目直し前ですので悪しからず。
(ここ最近は、マシン上である程度直して、後は外してからしっかりと直すようになりました。)

画像をみて思いましたが…レクシスコンフォートは、文字フォントを少し丸くしていますね。

細かいところにもこだわりがあるのでしょうね。

 

レクシスはよく張らせていただいていたので、今まで通りだな、という感覚。
(白も黒も感覚的には同じような感じです。)

つるっとして硬めのコーティングの印象を持っています。
(あくまでもコーティングの話。ストリング自体は柔らかいのだと思います。)

使われた方からも、弾き感が良い感じ!という感想が多く、攻撃的マルチフィラメント(マルチの中で弾きの良い)と個人的に思っています。

 

レクシスコンフォートはどうだろう、と張っていくと、コーティングは柔らかいのかな?という印象を持ちました。
(柔らかいというか、"しなやか"、という表現の方が合うのでしょうか。ぐにゃぐにゃという感じではないのです。)

レクシスと同じフォルティモという高弾性ポリウレタンを使用していますが、コーティングを低摩擦なものに切り替え、柔らかさの向上と衝撃値の低下を狙った、

というのがどうなっているんだろう?と気になっていたのですが、なるほど、このようなコーティングになるんだ、と。

張っている最中の感覚的には、ソフトテニスのSトレースというストリングに非常に似ていました。

ただ、ストリング自体が撚れにくく、しっかりとした張り感が出ていました。
(ソフトテニス用ストリングのSトレースは結構撚れやすい印象を持っています。)

 

ヨネックスの方が試打をした感想をお聞きすると、レクシスよりもレクシスコンフォートの方が柔らかさが出るかな?とのことでした。

ちなみに、レクシススピードはまた全然別モノだと思います、と。

 

今年はなかなか、、、コートに行っても見ているだけ、なことが多く、そろそろ打ちたいなぁ?と思いつつ、偶然続きでのご依頼がありましたので、ストリンガー目線ということで。

 

マルチを変更されるのって、結構勇気が要りますが、春、気分転換のお試し!は個人的にはおすすめです。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-TENNIS(硬式テニス)