TABLE TENNIS(卓球)

絶対変態やん…なラケット。レボフュ―ジョンMF Jが入ってます。

スポンサーリンク



レボフュ―ジョン MF Jが入荷しました。く~せ~がす~ご~い(千鳥風)

本日は卓球の新製品ラケットのご紹介です。

ニッタク×新井卓将さんのコラボ商品。

レボフュ―ジョン。

当店はMF Jのみ在庫しています。

なかなか日本式ペンの丸型がないので、在庫を決めたのはそれが理由です。

まずは商品情報を。

【ここから】
ピンポンパフォーマー「たくしょー」 新井卓将監修 レボリューションシリーズ!
表裏で角度の違いが自然に出せる、丸型日本式ペン!
MF(マルチファンクション)グリップとは。
グリップの長さや形状が、表裏で異なるペンラケット。
フィンガーワークを駆使して両面を使い、多彩なプレーに取り組む次世代のペンホルダーにぜひ使って欲しい!

●打球感:ハード
●スピード:ミッド
●板厚:6.7mm
●重量:80±g

一件、見た目は普通。(普通ではないのですが、ルーティス Jにも採用されているグリップ形状です。)

拡大すると、片面にはコルクが貼り付けられ、日本式ペンと同じようにもつことができます。

逆側は中国式ペンの感じです。

…ここまでは今までの製品でもありました。

ここからが変態の域。※こういうこだわりは大好きです。いい意味で変態です。関西人なので、このあたりは悪しからず、「いい意味」で書いてますのでご理解ください。

↑まず、グリップの高さが表裏で違います。

↑しかも、グリップの高さも表裏で違うんです。これが「マルチファンクション」グリップです。どちらをフォアにしてもいいように、通常のラケットはグリップにレンズを入れるのですが、上の写真を見直していただくと、どちらの面にもレンズが入っていません。このあたりもこだわりです。

で、肝心の機能ですが、

短い側のグリップをフォア側にすると(短いグリップとは、MF Jでは日本式の方)

✔ 握りが浅くなるため、操作性が高い

✔ 両ハンド、両面でのドライブが打ちやすくなる

✔ ヘッドが効くため、台上処理がやりやすい

✔ 裏面グリップが低く平らということで日本式ペンのように扱える

✔ 裏面打法の角度が出しやすく設計

という特徴があるそう。

逆に長い側のグリップをフォア側にすると(長いグリップとは、MF Jでは中国式の方)

✔ 握りの深さが一般的な中ペン同様

✔ 裏面グリップが厚く、丸いため、指の付け根部分にフィットしてオープン気味の角度が出しやすい

✔ 弾く打法やブロック等の角度打ちがしやすくなる

✔ 低く平らなグリップがフォア側にくるため、人差し指をのせやすく、裏面打法がしやすくなる

と、それぞれ、特徴がたくさんです。MF Cにすると、グリップがちょっと変わった中ペン。MF Jは、グリップがかなり変わった日本式ペンです。

それぞれ特徴は多いですが、目的はしっかりとしているので、どっちを表にしよう…と悩むことなく、早めにフィットできそうな気がしますね。

当店WEBでも発売中。MF Cもお取り寄せ可能です。

製品化したニッタクさん、監修した新井卓将さん、どちらもすごすぎです。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-TABLE TENNIS(卓球)