SOFT TENNIS(ソフトテニス)

昨日の続きを少し。

2021/11/19

スポンサーリンク



体への負担の話もしておかないと。

ポリとナイロン、そんなに違う?

昨日の続きなのですが、ポリとナイロン(ここではナイロンモノ)を少し比較させていただきました。

ざくっとまとめると・・・
ナイロンからパワーダウンをさせるために有効な糸だよ、ということですね。

 

ポリはナイロンに比べてどう違うか、もう少し書いておくべきことがありました。

テンション維持率の低さと打球衝撃の大きさ、です。

 

ソフトテニスにおいてはガットを切る、という方はかなり少なく、張り替え推奨時期を超えても張替えをされない、というケースも多いため、

リマインダーにリマインダーを重ねる必要があると思っています。

 

ナイロンガットの寿命は・・・毎日のようにプレーされる方ですと、1か月~2か月の間くらい。

繊細な方は、この期間で張り替えをされています。

なんだかイマイチわからないけど、みんな張り替えはしないといけないって言ってるし、張り替えとくわ!

という方は3か月に1回していただくと、最低限、ガットがぐずぐずになっていて、コントロール難しい!という時期は短くて済むと思います。

 

ポリですと、ざっくりその半分の期間がおすすめです。

もともとボールを飛ばす力があるわけではないのですが、テンションが緩むのも早くなっています。

素材の特性上、仕方がない部分です。

マイナスな点ではあるのですが、ポリしかダメだ!

そんなプレーヤーはいらっしゃると思いますし、特性をご理解いただいた上でお使いいただくために、書かせていただいています。

 

緩んだポリでボールを打っていると、どれだけ頑張ってもボールが飛んでくれないので、自然とフォームに力みが生じます。

力んだフォームで何百何千と打球を重ねるうちに、関節に痛みを生じてきます。

体の黄色信号、そのサインは見逃すことなかれ。

 

また、素材的な硬さがあるため、打球衝撃(や雑振動)が大きく、上記のようなケースが生じやすいのも注意点になります。

 

冬にこそ書いておくべきことですので、お使いの方は是非知っておいていただければと思います。

 

ということで、シリーズ連載みたいになってしまいましたが、ポリとナイロンについてでした。

 

では。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)