TENNIS(硬式テニス)

EZONE100とEZONE98の試打を張り上げました。

2017/09/13

スポンサーリンク



いつの間にかEZONE 98の試打が届いていたので(ありがとうございます、ヨネックスさん)張り上げました。

新生EZONEの98の試打ラケットがいつの間にか入っていたので、せっかくだったので100もガットを切って一緒に張り替えました。

板厚はこれだけ変わりますよ~!

具体的には

98→23.0mm-24.0mm-19.0mm

100→24.0mm-26.0mm-22.0mm

というビーム遷移。

同じように見えるけどどれだけ違うの?という方は是非横から。

同様に、ソフトテニスラケットの前衛用と後衛用の違いって何なん?っていうお話でも、横から見ていただくとその違いは一目瞭然かと思います。

わかりにくいですが、2平方インチって面のサイズ結構かわります。

で、何を張ったの?ということなのですが、ちょっとお勧めしたい、HEADのホークタッチ

カラーリングも良い感じです。あ、オーバーグリップの巻き方が雑なのはすみません(左)。普通に厚く巻きたかったので、厚めに巻いていたら足りませんでした。

6穴なのが100です。

98は8穴。

面が小さくてもスイートスポットを拡大する工夫をしています。

このフレームに対して初めて2本張りしましたが、ホールだけ気を付けるとストレスなく張り上げができました。

近くのテニスコートにも試打ラケットを常備しているようで、ソフトテニスをしている横で、ちらほらヨネックスのステンシルマーク入りのEZONEを見かけます。

当店にも試打ラケットありますので、ご希望の方は是非。

 

WEBからお買い上げの方は、

EZONE 100

EZONE 98

硬式テニスもよろしくお願いします。

The following two tabs change content below.
tatsumisports 起己スポーツ
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-TENNIS(硬式テニス)