TENNIS(硬式テニス)

正直…ここまでヒットするとは思っていませんでした【DIADEM】

2020/03/22

スポンサーリンク



今は在庫潤沢です。頑張ってフォローして揃えています。

・・・ダイアデムラケット。

ありがたいことに、非常に好調です。

たくさんの方にご利用いただき、ありがたいばかりです。

 

当店での売れ行きですと、圧倒的にNOVAなのですが、全体として、先にメーカー欠品したのはELEVATEだそうです。

はじめにお買い上げいただいた方は用具に対して非常にお詳しい方がほとんどかと思っていて、ELEVATEに先に人気が出たのはそのような方には薄ラケユーザーが多いのか、と勝手に想像をしています。

(あくまでも勝手な想像ですよ。)

 

ただ、全体的に考えると、今現在はラウンド系のフレームが多いので、今後の絶対数で考えると、NOVAになってくるのだろうと思います。

 

よくお問合せをいただくことが一つありますので、それに対して当店なりの回答を書かせていただきます。

NOVA100のスイングウェイトについて。

おおよそ、スペックにお詳しい方ですと、ご自身が快適にプレーできるであろうスイングウェイトの"あたり"があったりします。

それが、280であったり、290であることが多い気がしていて(問い合わせをいただく値がそのあたりが多いのです。)

NOVA100は当店の計測機器(私の測定=測定者でも値が変わることがありますので、当店は計測機器、計測者を一緒にしています)によると275前後が多く、誤解を恐れず表現すると、「気持ち軽め」になります。

そのくらいの値ですと、ご自身からガンガン振っていきたいよ、という方には良いのですが、逆にフレームにそこそこのパワーを求める方からするとちょっと頼りない、と感じる場合があるようです。

 

※当店が思うに…※
ラケットスペックは、重量、バランスポイント、スイングウェイトのバランスが大切だと思っています。
スイングウェイトだけ、とか、重量だけ、バランスポイントだけ、に着目をしてしまうと、いざ使ってみるとイメージと違った?という場合があってもおかしくはないのかもしれません。
(ガットの種類によっても重さが様々だから、というのもありますよね。)
プレーヤーによって、上記3つの値のどれが一番感覚に寄与してくるかは割と意見が分かれるところで、重量!バランスポイント!スイングウェイト!・・・とそれぞれ感覚的優位に働く計測値が変わります。
ラケットをお買い上げいただく際の基準がある方はその基準に則ってラケットをお探しされるのが良いかと思いますが、ラケット自体、構造(形や重量配分)が様々なので、計測値だけが全てでもありません。
全然気にしない!も良くないように思いますが、気にしすぎ、もよくないと思っています。あくまでもバランスです。
※ここまで※

 

で、話を戻すと、例えば、スイングウェイト的に物足りなさを感じておられるのであれば、2g前後、レッドテープをフレームの2-10時、もしくは1-11時当たりに左右前後均等に貼り付けいただければ、かなりフィーリングは変わってくるかと思います。

打感が好み!良い感じ!
なんだけどスペックをもうちょっと、となると、そのような簡易的なチューンナップをしていただければな、と思っています。

 

ダイアデムフレームはそこそこ入荷本数があるので、計測している本数は多い方のように思いますが、製品誤差は割とある、と思っています。

ですので、複数本そろえられる際などはジーっとスペックをにらんでいただき、近いものがあるタイミングですかさずお買い上げいただければ幸いです。

 

是非、ご検討ください。

ではでは。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-TENNIS(硬式テニス)